Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イチゴ150キロを無料で提供 佐倉の農園、コロナ禍の飲食店応援 「商品開発に使って」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
千葉日報オンライン

 千葉県佐倉市で完熟イチゴを生産する農業生産法人「実川農園」が、冷凍保存していたイチゴ150キロ分を市内の飲食店に無料提供している。イベント用に取り置いていたが、新型コロナウイルスの影響で中止となったため、経営に苦しむ飲食店支援に回した。社長の実川明さん(51)は「困った時はお互いさま。新商品の開発に使ってもらえたら」と話す。  実川さんは、現在はオーナーを務めるバス会社の創業者で、モバイルショップなどを展開する会社も経営する実業家。「将来的に佐倉の中心部で観光農園を立ち上げたい」と1年間、愛知県常滑市の観光農園などに毎週末通いながらイチゴ栽培のノウハウを学び、昨年夏、夢への第一歩としてハウス農場を完成させた。

 初めての栽培は、いきなり大型台風や記録的な豪雨に見舞われた。「幸い、長期停電は苗を植える前だった。冠水したが、高設栽培だったのでイチゴは無事だった」と実川さん。収穫期を迎えると、卸先のスーパーの直売所で朝採れの完熟にこだわったイチゴは人気を集め、客がハウスにまで買いに来るほどになった。  規格外で商品にならなかったイチゴは、今夏のイベントで使おうと真空パックして冷凍保存していた。しかし、新型コロナ禍でイベントが全て中止に。行き場がなくなったイチゴをネット販売することも考えたが、経営が苦しい飲食店の支援になればと、市内の17店舗に5~20キロずつ無償で配ることにした。  提供するのは、どれも味に自信がある今年収穫した「とちおとめ」「チーバベリー」「かおり野」「アイベリー」の4品種。「コロナで飲食店もなかなか新商品の開発に手が回らないと思う。うちのイチゴを使って料理人がどんなメニューを作るのか楽しみ」。実川さんは笑顔で話した。

【関連記事】