Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【解説】台風10号、今後の進路(4時)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

Nippon News Network(NNN)

台風10号は7日午前4時現在、長崎県・平戸の西まで北上してきています。大型で非常に強い勢力を保っていて、時速35キロで北へ進んでいます。 九州のほぼ全域と、山口県の一部が風速25メートル以上の暴風域に入っています。長崎市野母崎では59.4メートルの最大瞬間風速を記録。台風は、今後も北上を続け、午前6時には強い勢力で対馬付近まで北上する見通しとなっています。 九州には台風本体の発達した雨雲がかかっていて、五島市では88ミリの猛烈な雨が降りました。四国から東海でも、発達した雨雲が見られます。 24時間に降った雨の量は、宮崎県・美郷町神門で500ミリを超え、記録的な大雨となっています。この雨で、地盤の緩んでいる所があります。 今後は、台風の北上に伴って、対馬でも7日朝にかけて猛烈な雨が降る予想となっています。四国から東海にかけても雨が降り続いて、雨量が多くなりそうです。また、中心付近では猛烈な風が吹きそうです。 7日に予想される最大瞬間風速は、海上を中心に、九州北部で60メートル、九州南部で50メートル。 また、7日夜遅くまでの予想雨量は、九州南部と四国で300ミリ、九州北部などで250ミリなどとなっていて、台風から離れた東海でも350ミリと、大雨となりそうです。 国が管理するような大きな川でも氾濫する恐れがあります。引き続き最大級の警戒を続けてください。

【関連記事】