Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

市原隼人、キャリア初の連ドラゲスト出演「いかに説得力を出せるかを一番に考えました」<未解決の女>

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

9月10日(木)より“最終章”に突入するドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※10日は夜9:00-10:04)に、市原隼人がゲスト出演。約20年に及ぶ俳優人生で、市原が初めて連続ドラマにゲスト出演する。 【写真を見る】銃を構える“ミスターパーフェクト”富野康彦役の市原隼人 本作は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と、文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木京香)がバディを組み、“文字”を糸口に未解決事件を捜査するシリーズの第2弾。 9月10日(木)放送の第6話「影の斜塔・前編」、そして17日放送の最終回「影の斜塔・後編」と2週にわたり、第6係の面々が“2つの殺人事件”と“エリート刑事の逃亡”という一見無関係な事件を追いながら、その先に立ちはだかる“巨大な闇”と全面対決していく。 最終章は市原の他、北乃きいもメインゲストとして出演。さらに、竜雷太、筧利夫、西村和彦も出演し、終幕へ向けてドラマチックに作品を彩る。 今回、市原が演じるのは…人柄も良くて頭脳明晰(めいせき)な上に、柔道は五段、拳銃も日本代表候補になるほどの腕前で、「ミスターパーフェクト」と呼ばれるエリート刑事・富野康彦。 富野は、朋が新人警察官だった頃の捜査実習の研修係でもあり、朋の憧れの先輩だった。しかし、そんな富野が突然、行方をくらます。この“謎に包まれた富野の逃亡劇”が、最終章を大きく揺さぶっていく。 連続ドラマ主演経験もあり、さまざまな作品に出演してきた市原だが、連続ドラマにゲスト出演するのはこれが初めて。 俳優人生で新たな挑戦を前にし、市原は「限られた出演シーンの中で、いかに説得力を出せるかを一番に考えました」とコメントしている。 一方、北乃は富野の恋人で、時折アルバイトでバイオリン演奏もする楽器店の店員・杉山貴子役。富野の行方について何も知らないと言うが、本当に富野の逃亡とは無関係なのか、思わせぶりな佇まいで、物語と視聴者をかく乱する。 また、北乃は本作で初めてバイオリンの演奏シーンにも挑戦。撮影前の2日間は自主練に没頭し、「先生たちから『2日の自主練だけとは思えないくらい良い!』と言ってもらえて、うれしかった」と笑顔を見せる。 それと同時に「私の演奏はお芝居で言うと、暗記できただけで、まだまだ棒読みの状態。どんどん練習していくうちに極めたくなっちゃって…!」と、飽くなきチャレンジ精神も湧いてきたそう。 その他、竜は政財界に太いパイプを持つ警視庁OB・牧野孝蔵を、筧は警視庁刑事部のナンバー2である参事官で、富野の捜索を朋に極秘依頼する小野塚吾郎を、西村はその小野塚参事官の動向を怪しむ若手参事官の池内達郎を演じる。 ■ 市原隼人コメント 連続ドラマにゲスト出演するのは初めてです。限られた出演シーンの中で、いかに説得力を出せるかを一番に考えました。 そんな中で特に引かれたのが、自分自身も念頭におく“正義とは、真実とは何なのか?”を問う「未解決の女」の世界観。 さらに現場に入った瞬間、緊迫感あふれる熱量を肌で感じまして…。主演の波瑠さんも本当に純粋な方で、芝居に対する責任感や懸命さに感銘を受けました。  Season1からチーム一丸となって培ってきた空気感に触れたことで、汗も涙もすべてメイク(偽物)ではなく、本物を目指そうと決めました。 そのため、1カット1カット撮影する前には感情で追い込み本物の汗を流すために走るなどして、全力で挑みました。 どのカットでも芝居のリアリティーを追求することで、「ミスターパーフェクト」と呼ばれる富野のキャラクターにも説得力を持たせたらな…と思い、努力しました。 中でも今回、富野の逃亡劇の幕開けとなる第6話冒頭のアクションシーンには、こだわりました。 実はアクションの相手は吹き替えの方がやってくださったんですけど、手加減された時点でお客様に楽しんでもらえなくなると感じまして…。自分から「すべて本当に当ててくれ」とお願いし、手数も少し増やして臨みました。 1週間くらい脳震盪がするほどの痛みを伴いましたが、その痛みをもって全シーンを演じることで、説得力を追求しました。 もしSeason3が実現して呼んでいただけたとしても、次はもう力が出せないほど、出し切りました(笑)。そういう意味でも楽しませていただきました。  今回はコロナによる外出自粛期間にいろんなことに対して逡巡し、止まり悩み考えてからの現場でしたので、より気持ちがあふれ出ています。現場では良き迷いを持ち芝居ができました。 このドラマの座組みの芝居や作品に対する愛情あふれる素敵な最終章になっていますので、ぜひご覧ください。 ■ 北乃きいコメント 一視聴者としてSeason1のときから心を打たれ、楽しんでいた作品なので、ゲスト出演することができて、うれしかったです。最終章の脚本もすごく丁寧に描かれていて、自分が演じる役に寄り添うことができました。 今回苦労したのは、今まで触ったこともなかったバイオリンの演奏シーンです。とにかく、気持ちをのせながら優雅に弾くことが難しくて…。 手元を見ないでも弾けるレベルを目指して、先生のレッスンをうけました。撮影前の2日間は家で自主練もしました。 すごく集中して練習した結果、先生たちから「2日の自主練だけとは思えないくらい良い!」と言ってもらえて、うれしかったです。 ただ、私の演奏はお芝居でいうと、暗記できただけで、まだまだ棒読みの状態。どんどん練習していくうちに極めたくなっちゃって…!  今度は音に表情をつけたくなって…とか、生意気なことを言い出したところで、撮影は終わったんですけどね(笑)。 現場ではキャストもスタッフも皆さん、同じモチベーションで作品づくりに取り組んでいらっしゃる姿が印象的でした。 特に、主演の波瑠ちゃんとはドラマ「14才の母」(2007年、日本テレビ系)以来、定期的に共演しているんです。 ずっと一緒に成長していっている感じがしますし、今回も波瑠ちゃんと一緒に現場にいるだけで、本当に幸せでした。 そんな現場で、私自身も皆さんからたくさん刺激を受けて撮影に取り組むことができましたし、全体的にすごくいい最終章を作ることができたと思います! ■ 第6話「影の斜塔・前編」(9月10日放送)あらすじ 人気イタリアンレストランのオーナー・入沢博人(武田航平)が手足を縛られた状態で、新店舗の冷凍施設に閉じ込められ、凍死した未解決事件から5年。 成功のノウハウをまとめた自著「億りびと」を上梓したばかりのネット長者・西松文也(渡辺邦斗)が、入沢と同じように手足を縛られ、ホテルのバスタブで溺死しているのが見つかった。 その遺体を見た「特命捜査対策室」第6係の刑事・矢代朋(波瑠)は、くるぶしに彫られた奇妙な刺青に目を留める。 文書捜査のエキスパート・鳴海理沙(鈴木京香)によると、その刺青は「梵字」。しかも、5年前の被害者・入沢の腕にも「梵字」の刺青が彫られていたという。 2つの事件にはつながりがあると直感し、捜査に乗り出そうとする朋。その矢先、「特命捜査対策室」の室長・古賀清成(沢村一樹)を介し、警視庁刑事部のNo.2である参事官・小野塚吾郎(筧利夫)から呼び出しがかかる。 小野塚の肝いりで新設された「捜査情報係」に所属する刑事が、3日前から行方不明になっているため、朋に捜してほしいという。 その刑事とは、朋が新人時代に世話になった富野康彦(市原隼人)で、新人たちから「ミスターパーフェクト」と呼ばれていたエリート刑事。朋も慕っていた人物だ。 富野の自宅へ向かった朋は、鍵が開いたままで、室内も荒らされていることを疑問視。さらに、部屋の固定電話の留守録ボタンが点滅していることに気付く。 そこに残されていたのは、楽器店に勤める富野の恋人・杉山貴子(北乃きい)からのメッセージ。朋はすぐさま貴子に会いに行くが、富野と3日ほど連絡が取れないことはよくあるそうで、貴子にも居場所などに心当たりがないという…。 一方、5年前の事件を洗い直していた第6係の草加慎司(遠藤憲一)と国木田哲夫(谷原章介)は、入沢と西松がかつて年配者を狙った詐欺商法でつながっていたとの情報を入手する。 そんな中、事件関係者の背後に“理沙と関わりのある超大物”の影がちらつく。やがて、朋も耳を疑う形で“2つの未解決事件”と“エリート刑事の逃亡劇”がつながっていく。(ザテレビジョン)

【関連記事】