Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

町役場の駐車場でドライブインシアター、車中泊や着地型プログラムで地域活性化推進、凸版印刷と埼玉県川島村が実証実験

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
トラベルボイス

凸版印刷は2020年10月10日から、埼玉県川島町で着地型観光プログラムの実証実験を開始した。川島町役場の広い駐車場スペースを活用して車内で映画を楽しむドライブインシアターを開催するほか、地域内の車中泊スポットの開発、屋外での農業体験プログラムを実施することで、地域への人の流入を促進するねらい。地域内の周遊に向け、凸版印刷が提供する観光アプリ「旅道」を通じた情報発信とスタンプラリーも実施する。 同社が6月30日から川島町と締結している地域活性化を目的とした包括連携協定の一環。地方での人口減少、それに伴う税収減少が深刻化する一方で、埼玉県川島町は宿泊施設や鉄道駅がない課題も抱えており、凸版印刷のソリューションを活用しながら車中泊をはじめとした新しい観光需要創出に取り組む。 実証実験では、3密を避け、マイカーに乗った状態で楽しめるドライブインシアターを10月31日に川島町役場南側駐車場で開催。また、宿泊施設のない川島村に、キャンピングカーなどで宿泊することのできる車中泊スポット「かわじまRVステーション」を町内の平成の森公園付近に開設する。屋外でいちじくの収穫体験を行う農業体験プログラム「畑の学校」も開催する。

トラベルボイス編集部

【関連記事】