Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナと人種差別撲滅へ、F1”団結”を示す新キャンペーンの立ち上げを発表

配信

motorsport.com 日本版

 新型コロナウイルスの感染に伴い、開幕が遅れていた2020年シーズンのF1も、7月5日決勝のオーストリアGPで、いよいよ開幕を迎えることになった。またシーズンが止まっている最中に、アメリカに端を発した人種差別撲滅運動も加熱し、F1も多様性を支援する活動を支援していく内容の声明を発表した。 【F1動画】いざ開幕へ! シャルル・ルクレール、フェラーリF1でムジェロ市街を走行!  このふたつの問題の両方に対する取り組みとしてF1は、”#WeRaceAsOne”と名付けられた新たなキャンペーンを実施することを決定した。  このキャンペーンの一環として、新型コロナウイルスに対して最前線で戦っている医療関係者たちにF1からの感謝を伝えるため、全チームのマシンには”レインボー”のロゴがデザインされる。この”レインボー”には、全10チームのカラーリングが取り入れられている。  このレインボーはマシンだけではなく、サーキット周辺やピットガレージにも掲げられる。そしてチャリティのための資金調達を目的とした様々な製品が、この”レインボー”のブランドを用い、F1や各チームから発売されることになる。  これと同時に、F1は多様性への取り組みを強化することも明らかにしている。そのためオーストリアGPは、「人種差別は終わらせなければならない」というキャンペーンのスタートとなり、やはりコースの周りにメッセージが掲出されるという。 「新型コロナウイルスとの戦いにおいて、全世界がひとつの共同体として結集した」  F1はそう声明を発表した。 「そしてそれは、人間の本質として最高のモノをもたらした。ここ数週間、人種差別と不平等を非難するために、あらゆる階層の人たちが団結したのだ」 「復活する最初の国際的なスポーツとして、我々は変化をもたらし、これらの重要な問題に取り組むために、我々の声を使うことができると信じている。我々は世界中のFIAのモータースポーツファミリーの一環として、あらゆる形態の差別との戦いを含め、その基本的な原則を認めている」 「この構想は、上記の優先事項の基盤となり、このスポーツとその世界的なコミュニティが直面している最大の問題に取り組むことを目的としている」 「1週間や1年という時間で、その問題が消えるわけではない。我々のスポーツと社会に具体的な違いをもたらすため、F1の戦略を支えることになる」  F1のCEOであるチェイス・キャリーも、レース再開に向け、新たなキャンペーンの重要性を強調した。 「7月初めにオーストリアで開催される最初のレースは、4ヵ月近くレースを行えなかった我々のスポーツにとって、重要な瞬間だ」  そうキャリーCEOは語った。 「F1のコミュニティにとっては重要な瞬間だが、どのスポーツや国にとっても、大きな問題を認識する時でもある」 「今日我々が立ち上げた#WeRaceAsOneキャンペーンは、過去に例を見ないこの時期に、世界中の全ての人々が示した勇気と団結に感謝する、我々の言葉だ」 「また我々がスポーツとして、そして世界として直面している最も重大な問題に対して結果を出すための、F1が団結するためのプラットフォームにもなる。だからこそオーストリアでの最初のレースではF1として団結し、人種差別を終わらせなければいけないということをはっきりと主張する」 「我々は週末を通じて、不平等と闘うことを全面的にサポートし、F1をより多様で包括的なモノにするための努力を加速させる」 「世界的なスポーツとして、我々は多様性や社会性に対するファンの懸念を代表しなければならない。しかし、さらに耳を傾け、何をすべきかを理解し、それを示し続ける必要がある」  FIAのジャン・トッド会長も、F1の新たなキャンペーンを歓迎するコメントを発表した。 「F1については、我々は長年にわたって、環境保護に貢献することを約束してきた。例えばハイブリッドエンジンの導入や、国連の気候変動対策のフレームワークへの署名などだ」 「またFIAは、あらゆる形の差別と戦う。特に肌の色、性別、宗教、民族および社会的起源による争いを含む、基本原則に基づいている。我々はモータースポーツの多様性を推進していく必要があるのだ」

Adam Cooper

【関連記事】