Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【欧州市況】株上昇、11週ぶり高値-ドイツ債がベアスティープ化

配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 26日の欧州株は上昇。現在の回復局面における高値を更新した。一部の国での経済再開に対する楽観や、新型コロナウイルスのワクチン開発への期待が株価を押し上げた。

ストックス欧州600指数は1.1%高。3月上旬以来の高値で引けた。旅行・娯楽銘柄が買いを集めた。英FTSE100指数は1.2%高、内需関連の中型株を中心としたFTSE250指数は3.3%高となった。前日の英国市場は祝日のため休場だった。

マーケット・ドット・コムのチーフ市場アナリスト、ニール・ウィルソン氏は、「旅行・娯楽がこの日の上げを主導した」と述べ、「このセクターの強さは、経済再開や消費者の旺盛な旅行意欲に対する投資家の信頼感を裏付けている。夏期休暇シーズンに間に合うよう欧州全体で移動制限が緩和されるとの期待が強くある」と指摘した。

欧州債市場ではドイツ債の利回り曲線がベアスティープ化。安全を求めて流入していた投資が巻き戻された。20年債の売り出しでフランスがシンジケート団を組成したほか、ドイツとオランダの入札、欧州連合(EU)が27日に提示する復興基金案も材料視された。

ドイツ10年債利回りは7ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)と、5月6日以来の大幅な上昇を記録した。米国債とのイールドスプレッドは3bp縮小して34bpと、3月18日以来最小となった。

イタリア債はブルスティープ化。ドイツ債とのイールドスプレッドは10bp縮小して197bpとなった。

英国債はベアスティープ化。イングランド銀行(英中央銀行)のチーフエコノミスト、アンディ・ホールデン氏がマイナス金利を採用した場合に経済と金融システムに及び得る影響を同中銀が調査していると明らかにした上で、「調査することと実施することは別問題だ」と述べたことに反応し、短期金融市場で利下げ観測が後退した。

ドイツ10年債利回りは7bp上昇してマイナス0.43%。フランス10年債利回りは5bp上昇して0.01%。イタリア10年債利回りは3bp下げて1.55%。

【関連記事】