Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ゴールデン・グローブ賞2021、1月から2月に延期へ。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

来年のゴールデン・グローブ賞は、授賞式の開催を例年より1カ月延期することとなった。

ハリウッド外国人映画記者協会(HFPA)主催のゴールデン・グローブ賞は、毎年1月上旬の開催が恒例となっているが、新型コロナウイルスにより映画界が多大な影響を受けていることから、授賞式が来年2月28日に延期された。公式ツイッターにはこう綴られている。「第78回ゴールデン・グローブ賞は2021年2月28日(日)の開催となります。太平洋時間午後5時から8時、東部時間午後8時から11時に、カリフォルニアはビバリー・ヒルズのザ・ビバリーヒルトンからNBCが生中継する予定です」 来年のアカデミー賞も2月28日から4月25日への延期が決定しており、主催の映画芸術科学アカデミーのデヴィッド・ルービン会長と、ドーン・ハドソンCEOは、次の声明を発表していた。「一世紀以上の間、深い暗闇にある時に私達を慰め、鼓舞し、楽しませるという重要な役割を映画は担ってきました。今年は特にそうでしょう。私達の願いは、審査対象期間を延長し、開催日程を延期することにより、誰もコントロールできないことで罰を受けるようなことなく、映画製作者たちが作品を完成させ公開する機会を与えることです。今度のアカデミー賞、そして私達の新しいミュージアムの開館は、世界中のファンが映画を通して結束する歴史的瞬間を記すこととなるでしょう」 この変更により、アカデミー賞の審査対象であっても、ゴールデン・グローブ賞のそれには外れる作品が出てくるという。また英国アカデミー賞も延期が決まり、来年4月11日に変更となっている。

VOGUE JAPAN

【関連記事】