Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ホンダ新型CBR600RRの姿をキャッチ! シフターや足まわりはどうなっている?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

ライディングポジションもチェックした!

2020年8月6日にティーザーサイトをオープン、走行映像やスタイリングが公開されていたホンダの新型「CBR600RR」だったが、8月8、9日に開催された全日本ロードレース選手権・開幕戦SUGOにおいて車両が展示された。正式発表まではもう少し待たねばならないが、写真からわかる範囲で解説したい。 【映像】新型CBR600RRはウイング装備でパワモ、トラコン、ウイリー制御、エンブレ制御も!

TBW採用で統合的な電子制御を可能に

ホンダは新型CBR600RRの登場を予告するティーザーサイトを8月6日にオープンし、迫力の走行映像やスタイリング写真を公開した。正式発表は2020年8月21日とされており、今のところ我々が知っているのは映像に映し出されたメーターによる電子制御項目や、外観から判断できる車体装備のみだ。CBR1000RR-Rとの類似性などについても妄想は膨らむが、ひとまず待ちの姿勢となった……はずだった。 ところがホンダは、8月8日、9日に開催された全日本ロードレース選手権・開幕戦スポーツランドSUGOラウンドにおいて車両を先行展示。もちろん我々も量産試作と思われるその車両を撮影させていただいた。

まずはおさらいから。新型CBR600RRには電子制御が多数追加されており、メーター表示から判断できるだけでもパワーセレクター(いわゆるパワーモード切替)、セレクタブルトルクコントロール(同トラクションコントロールシステム)、ウイリーコントロール、そしてセレクタブルエンジンブレーキ(エンジンブレーキ制御)があり、それらを統合的に切り替えられる走行モードが存在することもわかっている。また、各々を個別に設定することも可能だろう。エンジンブレーキ制御があるということは、スロットルバイワイヤ(TBW)の搭載も確定だ。IMUまで搭載しているかどうかは正式発表を待たねばなるまい。 車体まわりでは、ウイングレットの採用やカウル形状の大幅変更、従来型をベースとしたフレームまわり、そしてセンターアップマフラーの採用などもわかっている。 今回は、車体にもっと寄った写真も撮影できているので、さらにディテールについて解説していこう。

【関連記事】