Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「コロナで仕事暇になり通っていた」と話す客も…違法カジノ店でバカラ賭博か 従業員と客計21人逮捕

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
東海テレビ

東海テレビ

 18日未明、名古屋市中区錦の違法カジノ店が摘発され「バカラ賭博」をしたとして、店の従業員と客あわせて21人が逮捕されました。  逮捕されたのは、名古屋市中区錦三丁目のカジノ店「リオ」の従業員・永井豪容疑者(39)ら7人と、28歳から68歳までの男女の客14人です。  永井容疑者らは、店内でトランプを使ったバカラ賭博をさせ手数料を受け取った、賭博場開張図利の疑いが持たれています。警察は従業員7人の認否を明らかにしていません。  また客の男女14人は、17日に賭博をしたと容疑を認めていて、「コロナの影響で仕事が暇になって通っていた」と供述する常連客もいるということです。  警察は売り上げが暴力団の資金源になっていた可能性もあるとみて調べています。

東海テレビ

【関連記事】