Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

火星へ向けた宇宙船の開発を加速するため、従業員に開発拠点への転居を求める

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

CNBCによると、イーロン・マスクはスペースX従業員への社内メールで、巨大宇宙船スターシップの開発を最優先事項として取り組んでほしいと訴えた。 【全画像をみる】火星へ向けた宇宙船の開発を加速するため、従業員に開発拠点への転居を求める メールではさらに、従業員に対してテキサス州ボカチカに移り住んでほしいということをほのめかした。そこにはスターシップの製造拠点があり、開発のスピードアップを狙ったものと見られる。 5月29日には、スターシップの試作機が試験中に爆発した。スペースXがファルコン9ロケットで宇宙船クルードラゴンの打ち上げに成功する前日のことだった。 スペースX(SpaceX)のイーロン・マスク(Elon Musk)CEOは民間初の有人宇宙船を発射させた後、7000人以上の従業員に向けて、時間を無駄にしないように、と伝えた。 5月30日、スペースXは今後4カ月近く続くかもしれない歴史的なミッションで、2人の宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)に送り込むことに成功した。だがその成功に酔いしれる間もなく、さっそく次の仕事に向けてマスクは従業員を鼓舞していると、CNBCが内部メールを入手し、報道した。 マスクは従業員に対し、同社の巨大宇宙船「スターシップ(Starship)」の開発に全力を尽くすよう指示した。これは完全再利用可能な宇宙船で、有人月面着陸を目指すNASAの「アルテミス計画」で使用される可能性があり、火星まで最大100人を1度に運べるようにすることも検討されている。 報道によると「これからのスペースXの最優先事項は、スターシップになったと理解してほしい(クルードラゴンの帰還のリスク低減に関連することは除く)」とマスクはメールに記した。 Business Insiderはこのメールに関してスペースXに確認とコメントを求めたが、まだ返答はない。 スターシップの試作機開発の初期段階では、失敗を重ねた。ロケットのタンクに液体窒素を充填するテストでは、タンクが爆発し、ロケットは跡形もなく消えた。直近の爆発事故は、ボブ・ベーンケン(Bob Behnken)とダグ・ハーレー(Doug Hurley)の2人を同社の別のロケット、ファルコン9で打ち上げる前日に発生した(このシステムはこれ以前に85回のミッションを成功させている)。 CNBCによると、マスクのメールには「スターシップの開発を急がねばならない」と書かれていた。 実物大のスターシップの発射はまだ行われていないが、「スターホッパー(Starhopper)」という小型試作機は、発射と着陸に成功している。 だが、軌道に向けて発射する前に、約20機の大型試作機を製造する必要があるだろうとマスクは語っている。

【関連記事】