Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

20歳古江彩佳、PO制して“プロ初V” プラチナ世代で1番乗り「攻めるだけと思った」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE ANSWER

デサントレディース東海クラシック最終日

 女子ゴルフの国内ツアー、デサントレディース東海クラシック最終日が20日、新南愛知CC美浜C(6456ヤード、パー72)にて無観客で行われた。首位で出たプラチナ世代の古江彩佳(フリー)は68で回り、通算15アンダー。東浩子(加賀電子)とのプレーオフを制し、プロ転向後、初優勝を果たした。 【画像】ウェアにも個性が!? 吉田&安田、“プラチナ世代”2人の仲良しショット、笑顔で肩を並べ手を振る1枚はこちら  東と並ぶ11アンダーでこの日をスタートした古江は、8、9番で連続バーディーを奪って一時は単独首位に。その後、東に再び並ばれてプレーオフに突入するも、1ホール目でバーディーを奪って勝負を決めた。  ホールアウト後、オンライン会見に臨んだ古江は「うれしいの一言。前半はすごく楽しめたが、後半少し緊張して体も動かなくなってきた感じがした。スコアは関係なかったので、攻めるだけと思ってやれたのがよかったと思う」と喜んだ。  3日間ボギーなしという安定感を見せた20歳。「自分の中ではショットがもう少しで危ないというのもあった。スコアはパーで耐えられるところは耐えたのでよかった」と胸を撫でおろした。  昨年10月の富士通レディースで史上7人目のアマチュア優勝を達成した古江は、安田祐香(NEC)ら2000年度生まれの「プラチナ世代」の一人。同世代ではプロ転向後、初めての優勝者となった。「こうやって優勝できるのも、応援してくださっている皆さんのおかげ。これからも精いっぱい頑張っていきたい」とさらなる飛躍を誓った。

THE ANSWER編集部

【関連記事】