Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

飛ばしの秘訣はお尻をギュンッ! と回すこと。藤田寛之が教える「ヒップターンスウィング」ってなんだ!?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

1992年にプロテスト合格を果たし、翌93年から今日に至るまで、国内男子ツアーで活躍を続けるトッププロ・藤田寛之。そんな藤田が、元プロ野球選手の秋山幸二を父に持ち、日本女子アマ出場経験もあるスポーツキャスター・秋山真凜にレッスン。ドライバーの飛距離アップのコツを伝授した。 藤田寛之のドライバー連続写真

ヘッドスピードを上げるには大きい筋肉を使う

秋山真凛(以下秋山):藤田プロは以前、同じチーム芹澤の飛ばし屋・宮本勝昌プロよりも「飛ばす方法は僕に聞いたほうが良い」とインタビューで発言されていたと思います。 藤田寛之(以下藤田):たしかに言った記憶がございます(笑)。というのも、宮本プロって「飛ばしたい」とか「もっと飛距離が(欲しい)」って思ったことがないそうなんです。 秋山:それであんなに飛ぶんですか!? 宮本プロの2019年シーズン平均飛距離って286.27ヤードですよ。 藤田:飛ぶ人は元から飛ばせて、飛ばない人……僕なんかもそうですが、なかなか飛距離って伸びないんですよね。だからどうやったら飛ぶのかを考えているぶん、僕に聞いたほうがいいのかなって思ったからそう発言をしたんですよ。でも、なかなか難しいですよね、飛ばすのは。 秋山:私もあまり飛距離が出ないほうなので、ぜひ藤田プロにドライバーの飛ばし方を教えていただきたいです! 藤田:わかりました。自分なりに飛ばす方法をお伝えしますね。まず、飛ばすためにはヘッドスピードを上げる必要があるんですね。でも手や腕を一生懸命振ろうとしても、手の力って大したことがないんです。だから腹筋や背中(側の筋肉)などを使ってそのパワーをスウィングに伝えていくことが大事です。 秋山:大きい筋肉を使って振る、ということですね。

藤田:腕の筋肉より大きい筋肉を使ったほうが力は出ますからね。僕がオススメするのはお尻の筋肉を利用すること。両方のお尻をギュンッと回すヒップターンスウィングをすることでヘッドスピードが上がって飛距離アップにも結び付きます。 秋山:お尻をできるだけ速く回す、ですね。

【関連記事】