Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「心臓のドキドキが止まらない」永世名人・谷川浩司九段、必死の粘りで大きな1勝/将棋・AbemaTVトーナメント

配信

ABEMA TIMES

 プロ将棋界初の早指し団体戦「第3回AbemaTVトーナメント」の決勝トーナメント1回戦、チーム康光とチーム久保が7月4日に行われ、第7局で谷川浩司九段(58)が菅井竜也八段(28)に勝利、チームは4勝3敗で1回戦突破に王手をかけた。 【動画】谷川浩司九段ドキドキの対局  “光速の寄せ”の持ち主が、とにかく勝ちにこだわった。自身も1勝1敗、チームも3勝3敗という正念場で迎えた第7局。「半年前ぐらいに指して、とても勝てる相手ではないと思っていた」菅井八段が寄せ損なったところで、必死に自玉を上部脱出。逆転すると、最後は一気に詰みまで行けたところを、大事に勝ちを逃さない指し回しで、チームに大きな勝利をもたらした。息詰まる対局に「心臓のドキドキが止まらない」と、数々の大舞台を経験したレジェンド棋士にして、鼓動がおさまらないほどの興奮だった。  谷川九段にとっては、痛い経験があった。予選リーグの戦いで、華麗な寄せを見せようとしたところ、寄せ損なって手痛い逆転負けを喫したこともあった。なかなか思うように勝ち越せていなかったこともあり、この1勝に「チームにようやく貢献できた」と笑みも出ていた。 ◆第3回AbemaTVトーナメント  持ち時間5分、1手指すごとに5秒加算のフィッシャールールで対局。全12チームが4つの予選リーグに分かれて戦い、各リーグ上位2位までが予選通過。決勝トーナメントは5本先取の9本勝負で行われ、勝ち越しが決定した時点で終了する。1チームは3人で、各棋士は1試合につき最低1局、最大3局の範囲で指す必要がある。対局者は各対局前に決定する。優勝賞金1000万円。 ◆決勝トーナメント進出チーム  チーム渡辺、チーム永瀬、チーム康光、チーム三浦、チーム久保、チーム天彦、チーム広瀬、チーム糸谷

【関連記事】