Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「もうお手上げ!」 探知不可な最強オービス爆誕!? 光電管方式は見破れない?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

レーダーでもレーザーでも無い最新移動式オービスとは

 移動式オービスと呼ばれる、軽量コンパクトで持ち運びがしやすい小型オービスは3、4年前から全国の警察で導入が進み、現在40以上の都道府県で運用されています。    移動式オービスと言えば、レーザー式やレーダー式のいずれかのタイプですが、最近になって、どちらでもない「光電管方式」移動オービスによる取締まりが行われていることが分かりました。    史上最強と呼ばれる新方式の移動オービスは、どのような方法で取締りがおこなわれるのでしょうか。 【画像】これは探知不可! お手上げ過ぎる最新オービスを見る!(15枚)

 移動式オービスとは、2016年3月に埼玉県の国道17号線で運用されたのが始まりで、その後、急速に全国で普及が進み、4年半経った現在40以上の都道府県で速度違反の取締りに使用されています。  2020年春以降は交通量が激減した首都高を暴走するルーレット族対策のため、都心環状線(C1)を中心に、湾岸線や9号深川線など首都高速でも移動オービスを使った取締りが頻繁におこなわれるようになりました。  従来の「ネズミ捕り」は、速度を計測する警察官、サイン会場(反則切符に署名・捺印する場所)に誘導する警察官など最低でも2名から3名の警察官と数台のクルマが停められるスペースが必要でしたが、移動式オービスは、軽量で小型の可搬式(移動式)機器が主流です。  高速道路などの固定式オービスと同様、速度違反を検知すると自動で写真が撮られて自宅などに速度違反の通知書が送られてくる方式のため、クルマを停止させて呼び込む必要はありません。  場所を取らず、少人数(最低1名)で取締りが可能なことから、移動式オービスは急速に普及が進みました。  首都高速では非常駐車帯を使って取締りがおこなわれることも多く、移動式オービスと警察官は白いワンボックスで移動し、短時間(2-3時間)で場所を移しながら取締りをおこなうこともあります。(場所を変えるのは取締り情報の共有を防ぐためです)  なかでも、全国で導入が進む移動式オービスの主流は「レーザー式」です。  レーザー式は、それまでのレーダー探知機では探知ができなかったのですが、2019年春以降、ユピテルやコムテックなど大手の探知機メーカーからレーザー式にも対応する探知機が続々と登場してきました。  しかし、今回目撃された「光電管方式」はレーザーやレーダーでもないアナログな方式であるため、最新の探知機でも探知は不可能とされています。  新たに登場した光電管方式について、大手レーダー探知機メーカーは次のように説明しています。 「光電管方式の移動オービスが登場したとは驚きました。  光電管は路肩(地面)に置いて速度を計測する方式なので電波を発しません。  光電管式速度取締り機の設置場所について当社ではGPSで警告をしていましたが、移動式となると電波の受信ができないのでそれも難しくなります」

【関連記事】