Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

受験のプロが教える!早慶上智・人気国公立大で学力を伸ばした中高一貫校は、最難関・難関校では男子校、中堅校では共学校が強みを発揮

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベネッセ 教育情報サイト

志望校を決める際、学校自体の偏差値と大学合格実績も大事ですが、入学後にどれだけ学力を伸ばすことができるかというのも、重要な視点です。今回は、森上教育研究所が人気国公立大学と早慶上智の進学実績をもとに、それぞれの学校がどれくらい学力を伸ばしたのか男女別に分析を行いました。ぜひ、志望校選びの参考にしてみてください。

2020年度入試で学力を伸ばした学校とは?

「学力を伸ばした学校」とは、中学校入学時の偏差値と高校卒業時の偏差値を比較して、その差がプラス方向に大きい学校のことです。以下の表は、各中学校の人気国公立大と早慶上智の合格実績をもとに算出した、6年間で伸びた学力が大きい学校をまとめたものになります。表の見方は以下のとおりです。 (1)中学校入学時の学力(2014年度四谷大塚模試の結果偏差値を入学時の学力として使用) (2)高校卒業時の学力(対象大学群の合格実績をもとに、入学時と同じ単位の偏差値に変換して高校卒業時の偏差値を算出) (3)6年間で伸びた学力(学力の伸びは、高校卒業時の学力から中学校入学時の学力を引いて計算。(1)と(2)の差が学力の伸び=(2)-(1)) ※結果偏差値:入試で80%の人が合格した偏差値 具体例を挙げて説明すると、男子の表の一番上、逗子開成は、人気首都圏国公立大の(1)中学入学時の学力が60.0で、(2)高校卒業時の学力が66.5です。66.5から60.0を引いた差が6.5となっています。これは、偏差値が6.5ポイント上の学校と同じ実績を出したことになり、偏差値6.5ポイント分、学力が伸びたということになります。 表を見ていただくとわかりますように、男子・女子ともに国公立大と早慶上智の両方で実績を伸ばしている学校よりも、いずれか片方で強みを発揮している学校が多くなっています。したがって、お子さんの現在の偏差値帯の学校の中で、めざす大学群の合格実績で学力を伸ばしている学校はどこかという視点でこの表を参考にしていただけるとよいかと思います。

【関連記事】