Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「バーバリー」2021年春夏を読み解く 森の中の無観客ショーで表現した”人魚とサメのラブストーリー”

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WWD JAPAN.com

2021年春夏シーズンのロンドン・ファッション・ウイークが9月17日、開幕した。トップバッターはリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)がチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)を務める「バーバリー(BURBERRY)」。アマゾンが提供するライブストリーミング配信プラットフォーム、ツイッチ(Twitch)を通して、イギリスの大自然の中で行なった無観客ショーを配信した。ここでは、「WWDジャパン」編集長の向千鶴と、ロンドン・ファッション・ウイーク担当記者の大杉真心が対談し、それぞれの視点で今回のコレクションを読み解く。 【画像】「バーバリー」2021年春夏を読み解く 森の中の無観客ショーで表現した”人魚とサメのラブストーリー”

向:さあ、21年春夏ロンドン・ファッション・ウィークが始まりましたね。皮切りは「バーバリー(BURBERRY)」。発表した日付は今回も17日。なぜなら17はリカルド・ティッシのラッキナンバーだからです。先シーズンまでは現地ロンドンを取材していた大杉さん、バーチャルで見た「バーバリー」はどうでしたか?すごい情報量でしたよね。

大杉:驚きが満載でした!ライブストリーミング配信プラットフォーム、ツイッチを使った発表でしたが、私は昨日までツイッチの存在を知らず……(笑)。調べてみるとゲーム実況などで有名なツールなんですね。

向:ファッションショーをツイッチで見るのは初めて。正直、最初はユーチューブでいいじゃない、と思ったけれどショーが始まってそのスケール感ある表現にびっくり。森の中に没入してゆく感を楽しめました。大杉さんはショーの前の4人のインフルエンサー対談から見たでしょ?どうでした?あの右上の占い師のような女性は誰?

大杉:歌手のエリカ・バドゥ(Erykah Badu)です。モデルのベラ・ハディッド(Bella Hadid)、歌手のロザリア(Rosalia)、ギタリストのスティーヴ・レイシー(Steve Lacy)の4人が前座のようなライブトークを行いました。皆、リカルドとつながりがあって、彼との思い出話や、デザインの好きなところなどを語っていました。一緒にショーを見る前のワクワク感を共有できるのは、デジタルでもちょっとリアルな感覚が味わえました。

【関連記事】