Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

政治と学生の架け橋!学生部ってどんな人たち?~共産党編~

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
選挙ドットコム

こんにちは、NO YOUTH NO JAPANです!私たちは、U30世代の投票率を上げることを目指して、昨年7月の参院選でインスタグラムを中心にU30世代へ投票を呼びかけたことから活動を始めた団体です。 私たちが考える若者の政治参加の方法は、投票に行くことだけではありません。若者の政治参加の役割を担う組織の1つとして、政党の学生部があります。日本ではあまり聞き馴染みのない政党の学生部ですが、 「いったい何をしているのか?」 「どんな人が活動をしているのか?」 「若者の政治参加についてどう感じているのか?」 など、知られざる学生部の謎を紐解いていきます。政治家と若者の間に立っている存在とも言える彼らは、私たちとはまた違う新しい角度から政治参加について考えていました。

今回は、日本共産党の学生部にあたる大学支部で活動をしている美崎加奈さん(仮名)にお話を聞いていきます。(※日本共産党は町村ごとの地域、職場や大学のようなコミュニティごとに支部があるそうです) (編集部注:本インタビューは新型コロナウイルス流行前に行っております) インタビュアー:NO YOUTH NO JAPANメンバー 田中舞子・ミュラー/選挙ドットコム編集部

週に一度の集まりでは学生と政治家の距離が近い

NO YOUTH NO JAPAN 田中(以下、田中):共産党の学生支部では、普段どのような活動をしているのですか? 日本共産党の大学支部 美崎さん(仮名)(以下、美崎):主に週に一回、同じ大学や地域の学生同士で集まって日頃の悩みや疑問などを話し合う集まりをしています。気になった新聞記事や日常生活での疑問など、身近なことまで話せるアットホームな集まりなんです。また、議員の方に講演をしていただく機会もあります。 ちなみに週に一度の集まりには、その地域を担当する市議会議員が参加しているのだとか!直接議員さんと話をすることができ、学生と政治家の距離の近さが特徴的ですね。

【関連記事】