Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【闘将・西本幸雄監督を語る(2)】投手・久保康生「僕は西本さんにとっての“最後の遺作”」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

1963年から阪急ブレーブスを率いた西本幸雄監督。チームを常勝軍へと成長させ、67年の球団初優勝を含む5度のリーグ優勝に導いた。そんな名将が誕生し、今年で100年。節目の年に、教え子が名監督との思い出を語る。 久保康生 近鉄、阪神で“細く長く”投げ続けた鉄腕/プロ野球1980年代の名選手

フロリダに行ってこい

 阪急での監督生活は11年間。3連覇を含む、5度のリーグ制覇を果たした闘将・西本幸雄監督は、退団翌年の1974年(昭和49年)から、今度は同リーグのライバル・近鉄の監督に就任。自らが手塩にかけて育て上げた“強い勇者”を追う立場へと変え、また新たなる闘いに挑むことになった。  その西本近鉄4年目にあたる77年(昭和52年)のドラフト1位が、柳川商高の右腕・久保康生だった。 「僕は、西本さんにとっては“最後の遺作”みたいな感じじゃないですかね。ホントの意味で、今の僕の基礎を作ってくれた人です」  久保は、恩師の存在をそう力説してくれた。今年で62歳。還暦を超えながらも、久保は今なお、ユニホームを着て、グラウンドに立ち続けている。これもまた、西本から教え込まれた“指導への熱情”なのかもしれない。  近鉄、阪神で21年間の現役生活を送り、97年(平成10年)に引退。その直後から近鉄、阪神で投手コーチを歴任、近鉄では岩隈久志(現巨人)、大塚晶文(現中日編成部国際渉外担当)ら、後の米メジャーでも実績を挙げた若手たちを独り立ちさせ、阪神ではメッセンジャーにカーブを伝授、10年で2ケタ勝利7度の通算98勝というエースに飛躍させた。  韓国球界での指導歴もあり、2018年(平成30年)からは、ソフトバンクの二軍投手コーチを務めている。その育成法はいまや“魔改造”ともいわれ、球界随一の理論と手腕の持ち主でもある。  その久保は「西本さんがバリバリのときの5年間」という、濃厚な時間を、西本監督の下で過ごしている。 「これからチームを強くするぞという、その環境が整い始めたところでしたね。だから、近鉄に入って恵まれていました。入ったときの西本さんは、正直、おじいさんみたいな感じはしましたけど、あの当時から、実に合理的なトレーニングでした。理不尽なことをいう人やコーチはいなかったですしね」  プロ2年目の78年(昭和53年)の9月に初先発。翌79年に西本近鉄は、球団創立30年目にして、初のリーグ優勝を成し遂げる。「日本シリーズのメンバーに入れる、そう思っていた」と意気込んでいた久保は、シーズン終盤のある日、西本監督に監督室へ呼ばれた。 「お前は、日本シリーズで使えると思う。でも、これからの選手だからな。フロリダに行ってこい。そして、来年の戦力になれ」  久保を含めた若手6人が、アメリカ・フロリダの教育リーグに送り込まれることになった。「日本シリーズのベンチにいたら、どうしても使ってしまうから」という旨を、西本監督に告げられたという。  さらに「アメリカでは好きなようにやってみろ。広い視野が、必要だからな」。目の前の戦いにとらわれず、そのさらに先を見据えた西本監督の“懐の大きさ”を物語るエピソードでもあるだろう。

【関連記事】