Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「宿題が たまってたまって しょうがない」 休校中をお題に詠む“小学生川柳” 再開した学校の壁に

配信

東海テレビ

■2か月遅れの入学式は国歌“斉唱せず”…新型コロナで様変わり

“小学生川柳”には休校中の子供たちの素直な気持ちがあふれていた

 新型コロナウイルスの影響で長らく休校が続いていましたが、名古屋や岐阜の公立学校でも、6月1日から授業を再開されました。 名前を何度も呼び続ける夫…認知症の妻と“ガラス越しの再会”面会中止の施設で模索する新しい“寄り添い”  2か月以上にも及んだ休校措置で、学習の遅れを取り戻すという命題を抱えてのスタートです。  岐阜県では、6月1日から全ての公立の学校が再開。

 岐阜市立茜部小学校では、満面の笑みをマスクで隠して、2か月遅れの入学式が行われました。

 感染防止のための様々な対策が講じられる中での学校再開。入学式の様子も、例年とは少し違います。  体育館に入ることができるのは、児童1人につき保護者1人まで。入口での、検温と消毒が実施されました。

 一定の間隔を置いて座る新入生たち。国歌斉唱では、声に出して歌うことはやめ、スピーカーで「君が代」を流すだけにしました。

 異例ずくめのなか始まった新学期ですが、それでも子供たちは希望に満ち溢れています。 新入生の男の子: 「(Q.どんなことを頑張りたい?)鉄棒です」 別の新入生の男の子: 「勉強をうまくやりたい。友達もできそう」  1年生が、次の学年に上がるまでの期間は10か月。

 遅れを取り戻すための負担は、決して小さくありません。

■3か月ぶりの授業に児童は“目が真剣”

 名古屋市の公立小中学校も、1日から再開しました。北区の清水小学校。  3か月ぶりの授業で、教室に初めて全員が揃いました。間隔をあけた机のレイアウトも、もちろん初めての経験です。

 1時間目は国語。久しぶりの授業に、児童の目は真剣です。 女の子: 「楽しく勉強できてよかったです」 男の子: 「(休校中)勉強できなかった分がんばって、勉強に追いつきたいと思います」  教室の壁には、休校期間中の登校日に児童が書いた“川柳”が。

■内容がストレート…サラリーマンならぬ“小学生川柳”

<子どもたちが書いた川柳> 「休校中 昼まで寝ていて 怒られる」 「宿題が たまってたまって しょうがない」  子どもたちの素直な気持ちがしたためられていて、思わず笑顔になります。  しかし、笑ってばかりはいられません。休校期間中に子供達には宿題が出されましたが、学習の遅れをいかにして取り戻すか、学校が抱える課題です。  名古屋市教育委員会は、夏休みや冬休みの一部などを使い遅れを取り戻すよう、各学校に指示していますが、教職員の間には不安の声も。

【関連記事】