Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

藤井聡京大教授「第二波に備え『8割自粛』を徹底検証すべし」【緊急反論③:水際対策の強化こそが感染収束の肝であった】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BEST TIMES

■(1)「8割自粛要請の有効性の有無」よりも「なぜ、感染が収束に向かったのか?」についての分析の方が圧倒的に重要  筆者は、5月21日に『【正式の回答を要請します】わたしは、西浦・尾身氏らによる「GW空けの緊急事態延長」支持は「大罪」であると考えます。』(https://38news.jp/economy/15951)という「藤井個人」の「考え」(見解)を配信しました。 藤井聡京大教授「第二波に備え『8割自粛』を徹底検証すべし」【緊急反論③:水際対策の強化こそが感染収束の肝であった】  これについて、ネット上でご専門の先生方も含めて、賛否両論の議論が展開されたのを拝見し、改めて筆者の見解をより詳しく解説する主旨で、この緊急連載『第二波に備え「8割自粛」を徹底検証すべし』を開始したという次第です。  そしてその初回原稿では、「8割自粛要請というものは「極めて深刻な副作用がある劇薬」である一方、その有効性を否定するデータがGW頃には出ていたにも関わらず、なぜ、それを公表せずに、むしろその劇薬の使用継続を専門家として主張したのでしょうか。そのせいで、我々の経済はボロボロになっているのですが・・・」という、いわば「患者から医師への申し立てだ」というのが今回の主旨であることを解説しました。 https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/526126/  そして、「第二波」がやってきた時には、「感染抑止効果が限定的だが、深刻な副作用だけは確実にもたらされる様な対策」には、慎重に判断することが必要だとお話ししました。  そして緊急連載第二弾では、今回の議論の肝となる、「8割自粛『要請』の有効性」について、改めて統計的に検証しました。この連載のために新たに統計分析を行いましたが、やはり、当初から申し上げていた通り、8割自粛要請の有効性が、否定される結果となりました。 https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/540836/  しかし、感染は確かに抑止され、3月下旬から収束に向かっていったのは事実です。  では一体なぜ、そんな風にして日本の感染は収束していったのでしょうか? この点を明らかにすることこそ、これからやってくる第二波対策にとって、極めて重要な知見となるでしょう。  緊急連載第3回目の今回は、まさにこの点について考えたいと思います。

【関連記事】