Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人・戸郷 桑田超え球団初、高卒2年目以内で開幕3戦3勝「もっともっと近づく」

配信

デイリースポーツ

 「広島1-12巨人」(15日、マツダスタジアム)  先発の巨人・戸郷が伝統球団の歴史を塗り替え、その名を刻んだ。高卒2年目で開幕ローテ入りを果たし、シーズン初登板から3戦3勝。1987年の桑田真澄氏を超え、20歳の若武者は感慨深げだった。 【写真】桑田超えの力投を見せる巨人・戸郷  「大先輩に一歩でも近づこうと思っていました。それができて、もっともっと近づいていけるように、というのは意識しています」  150キロを超える直球が最大の武器だが、この日は強力カープ打線に対して「変化球で攻めて、ちょこちょこ要所で真っすぐを投げる」との対策を徹底。6回2安打無失点。五回2死まで無安打投球と圧倒し、敵地のマウンドに仁王立ちした。  原監督は「ジョンソンに2回投げ勝っているのは非常に価値のある勝ち星だと思いますね」と絶賛した。先発予定だった直近2試合はいずれも雨天中止。それでも「いい勉強」と前向きに捉え、トレーニングの強度を上げるなど工夫を凝らした戸郷。6月30日・DeNA戦以来、中14日の登板で成長を示した。  かつて甲子園を沸かせた中日・根尾、日本ハム・吉田輝らと同学年。地道に努力を重ね、今や世代のトップを突き進む。「毎回、毎回いい投球ができるように頑張っていきたいです」。チームは連勝で首位を死守。令和の野球界を担う新星が巨人をけん引する。

【関連記事】