Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【アメフト】警視庁が今季出場を辞退 「十分な練習ができない」 X1エリア

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ベースボール・マガジン社WEB

 アメリカンフットボール・XリーグのX1エリア東地区に所属する警視庁イーグルスが、9月23日、今年秋の公式戦出場を辞退した。Xリーグの公式ページを通じて発表した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響によるもの。X1エリア所属チームの今季辞退はPentaOcean(ペンタオーシャン)パイレーツに続いて2チーム目。上位カテゴリーのX1スーパーでは、オール三菱ライオンズが今季の出場を辞退している。

 警視庁は、3月下旬以降の全体練習を自粛している。「十分な練習が実現できないまま出場することは、選手の安全面のみならず、関係者の皆様方に多大な迷惑を及ぼすおそれがある」として、今回、辞退を決断した。  警視庁は、X1エリア関東地区の8チームによるトーナメントの1回戦で、アサヒビールシルバースターと対戦(10月25日、富士通スタジアム川崎)する予定だった。Xリーグは、「秋季公式戦の試合日程変更を追ってお知らせいたします」と発表している。今回の出場辞退で、順位決定戦(5・6位決定戦、7・8位決定戦)が開催できなくなるためと思われる。

警視庁イーグルス 警視庁イーグルスは2020年秋季公式戦出場を辞退することとなりました。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月下旬以降の全体練習を自粛中のところ、現在も同様の状況が続いております。公式戦直前まで出場すべく検討を重ねて参りましたが、十分な練習が実現できないまま出場することは、選手の安全面のみならず、関係者の皆様方に多大な迷惑を及ぼすおそれがあることから、このような判断をいたしました。観戦を心待ちにしてくださった皆様には、心から申し訳なく存じます。警視庁イーグルスは、今後もチーム一丸となり精進してまいりますので、引き続き温かいご声援をよろしくお願いいたします。

アメリカンフットボール・マガジン編集部

【関連記事】