Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『少年隊』 なぜ東山だけ幹部に…? 3人の明暗を分けた“女性スキャンダル”史

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

 ジャニーズ事務所から年内いっぱいでの退所が発表された少年隊の“カッチャン”こと植草克秀、“ニッキ”こと錦織一清。今年だけでも中居正広、TOKIO・長瀬智也、NEWS・手越祐也が相次いでサプライズ退所を発表しているジャニーズだが、今回のカッチャンとニッキに限っていえば、そこまでの衝撃をもっては受け止められなかった。 【写真】秘蔵メモリー、若き日の少年隊がイケメンすぎる 「というのも、ふたりの退所は10年以上前から“既定路線”だと言われ続けていたから。'08年のミュージカル出演を最後に、3人一緒に表舞台に立つことがなく、ずっと開店休業状態。レコードデビュー25周年、30周年という記念の年ですら活動は何もナシでしたし。昨年、彼らの生みの親だったジャニー喜多川さんも亡くなったし、ひと区切りつけようと考えたんでしょう。今回もヒガシ……東山紀之だけが事務所に残ることになりましたが、それも想定内ですしね」(スポーツ紙記者)

“少年隊”の名前の権利を持ちたいから…

 メンバー全員が高いレベルで歌って踊れる少年隊。“ジャニーズ史上最高傑作”とも呼ばれ一時代を築いたグループは、解散せず名前を残すというものの「今回で事実上の解散」ともっぱらだ。 「ヒガシと退所するふたりとの“待遇格差”がありすぎでしたから。ヒガシは刑事ドラマや時代劇で主演を務めるだけでなく、情報番組でもキャスターを務めている。でもカッチャンはたまにドラマで顔を出す程度だし、ニッキも舞台やミュージカルが活動の中心で。冷遇され続け、思うところがあっての決断ですから」(同・スポーツ紙記者)  かつてジャニーズJr.として少年隊のバックダンサーも務めた石丸志門氏も、「グループの活動再開はまずありえない」と断言する。 「“少年隊”の名前を残したのは、亡くなったジャニー喜多川さんが強い思い入れを持っていたグループだから、という意味もありますが、はっきり言ってしまえば“少年隊”という名称の権利をジャニーズ事務所が持ちたいからだと思います。“少年隊”が事務所に残り続ける以上、植草クン、錦織クンは退所後に“少年隊”を名乗りづらくなるでしょうからね」  35年間、決して平坦な道ではなかった3人。だが、少年隊メンバーとしてだけでなく“ひとりの男”としても、この長い年月の間には少なからず紆余曲折があった。

【関連記事】