Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ルビー・ローズ、「バットウーマン」から降板。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
VOGUE JAPAN

昨年からCW局で放送中のDCコミックドラマ「バットウーマン」の第1シーズンで、タイトルロールのケイト・ケイン役を演じていたルビー・ローズの降板を発表した。第2シーズンが決定する中、主役降板を受けて、製作側は新たな主演探しに追われているという。ルビーは、次のように声明で綴っている。 「苦渋の決断ではありますが、『バットウーマン』の新シーズンには戻らないことにしました。バンクーバーとロサンゼルスで番組に関わってくれたキャストやスタッフのみなさんには、これ以上ない敬意を持っていますので、決して軽々しく決めたことではありません」 ワーナー・ブラザースとCW局は、ルビーの貢献と今後の活躍を祈ると同時に「バットウーマン」の第2シーズンと長期的な将来に向け、新しい主演俳優とLGBTQコミュニティのメンバーのキャスティングを含む、新しい方向性を共有することを楽しみにしているとコメントしている。ルビー降板の理由は明らかになっていないものの、同性愛者という設定の主人公にキャスティングされた際、「LGBTQさが足りない」というネガティブなコメントが集まっていた。

【関連記事】