Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アジはルアー釣りが面白い! 手軽! 奥深い! 「アジング」の魅力

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ルアマガ+

数ある海のルアー釣りの中でも、スタートの敷居の低さと手軽さ、そしてその奥深さに定評があるのがアジのルアー釣り。 2019年に1番人気だったアジ&メバル用ルアー! 釣り界隈では「アジング」と銘打たれ、一大ジャンルとして定着しているのはご存知のとおりです。 そこで今回は「アジング」の楽しさや奥深さ、魅力について紹介したいと思います。

1分で分る!? アジとルアー釣りの好相性

さて、アジという魚を知らない方はいらっしゃらないとは思いますが、なぜこの日本を代表する大衆魚(食卓的に)が、ルアー釣りのターゲットとして優れているのかをざっくり解説したいと思います。 1) 日本全国にわたり、身近な海にわりとたくさんいる 2) ルアーへの反応がすこぶる良い 3) タックルがコンパクト 4) 夜に釣りやすい 5) 釣りとして簡単でありながら奥が深い 「食べて美味しい」等の“語るに及ばず“な特徴については省きました。“釣りを楽しむ“対象魚として比較的広域に分布しており、なおかつオールシーズン楽しめるわけなんですが、特に注目したいのは3・4・5の特徴。

タックルがコンパクト!

アジングは専用のロッドと小型のスピニングリール。そして、ジグヘッドと呼ばれるタイプのハリ(フック)、それに装着するワームルアーで成り立つ釣りです。 もちろんそれ以外の釣り方も存在するのですが、釣りの道具としては非常にコンパクトに収められるのが特徴。 思い立ったらロッドを片手に小さなバッグを下げて釣りに行くことができます。 数あるルアー釣りの中でも、準備に手間がかからない類いの釣りだと言えます。 ロッド、リール、小さなカバン。ヘッドライト。あとは安全装備のライフジャケット。 これでほぼフル装備となります。。 主に使うルアーはジグヘッドフック(重りと針が一体化したもの)とワーム。なのでルアーも仰々しく持っていく必要はありません。 もちろん、コマセの匂いが着く心配もありませんし、針も一本なので取り扱いもラクラクです!

夜に釣りやすい!

アジの主食となるのはプランクトンだと言われています。 そのプランクトンは、夜に海岸線や港を照らす常夜灯に集まります。 そのため、アジングのプライムタイムは基本的には夜だと言われています(昼間でも釣れますけどね)。 で、これがなんでいいのかと言いますと、日中は忙しい我々社会人、夜のちょっとした時間にコンパクトな道具で釣りを楽しむことができる「社畜の友」なわけです(笑) 仕事帰りにちょこっと数時間。 残業とカワイイ嘘をついてちょこっと数時間。 ああ、なんとお手軽に楽しめる釣りなのでしょう(まぁ食べて美味しいんで、つい持ち帰っちゃうと「なんの残業だ?」と突っ込まれること請け合いですが…)。 休日の堤防のように人でごった返す中で釣りする必要もありませんしね。

【関連記事】