Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<いいね!光源氏くん>見事にハマった千葉雄大&伊藤沙莉 “相乗効果”生んだキャスティングの裏側

配信

MANTANWEB

 俳優の千葉雄大さんと女優の伊藤沙莉さんが出演するNHKの連続ドラマ「いいね!光源氏くん」。同局の「よるドラ」(総合、土曜午後11時半)第6弾として4月4日にスタートすると、内容の“ゆるさ”も手伝ってか、「いちいち面白い」「癒やされる」などと言った声が視聴者から多数上がり、好評を博してる。人気を支えているのが、現代に出現した絶対的美男子・光源氏と、光源氏をヒモ同然で自分の部屋に住まわせることになる沙織をそれぞれ演じている、千葉さんと伊藤さんのハマりぶりと、演技巧者の2人ならでは「相乗効果」だ。すでに初回放送の時点で「この二人をコンビにしてくれてありがとうございます」と感謝するファンもいたが、今回のキャスティングについて、制作統括の管原浩さんに話を聞いた。 【写真特集】特撮ファン歓喜! “W”桐山漣&“ゴセイジャー”千葉雄大が… 現代に染まった平安貴族のファッションにも注目!!

 ◇原作の魅力を生かす上でも重要視していたキャスティング

 ドラマは、えすとえむさんの同名マンガが原作。「源氏物語」の中で雅(みやび)の世に生きていた平安貴族・光源氏(千葉さん)が、まったく世界観の異なる現代に出現。地味で自信がない今風のこじらせ会社員・藤原沙織(伊藤さん)が、ヒモ同然で住まわせることになる……という“イケメン居候コメディー”。沙織の妹・詩織役で入山杏奈さん、光のライバルの中将役で桐山漣さんも出演している。

 今回、ドラマ化するにあたり、原作の「光源氏が現代に現れるという斬新さが一目瞭然で面白い」という点に加え、「光にふさわしい俳優がキャスティングできれば、女性たちは大いに魅(ひ)かれる」と思ったという管原さん。さらに原作の魅力に、「光源氏が単にイケメンというだけでなく、平安貴族ならではの趣のあるセンスを兼ね備えていて、そんな優雅な光と、突っこみ感抜群の沙織とのやりとりのちぐはぐさが妙におかしく、時に切ないところ」を挙げていて、まずは光源氏役と沙織役のキャスティングを重要視していたことがうかがえる。

 実は管原さんは、「いいね!光源氏くん」からさかのぼること半年前、昨年9月にNHK・BSプレミアムで放送された連続ドラマ「盤上の向日葵」でも、主演と制作統括という立場で千葉さんとタッグを組んだ経験を持つ。「盤上の向日葵」は、過酷な運命を背負って将棋界の頂点を目指した青年の半生をあぶりだす本格ヒューマンミステリーで、千葉さんは主人公の異端の棋士を演じた。

【関連記事】