Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中日の“左キラー秘密兵器”シエラが1軍初昇格へ 3月に支配下契約された『ランボー』平田の抜けた右翼に?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中日スポーツ

 中日のモイセ・シエラ外野手(32)が29日に1軍初昇格する可能性が高まった。  来日1年目のシエラは育成選手としてスタートしたが、3月26日に支配下契約を勝ち取った。開幕からずっと2軍で、ウエスタン・リーグではここまで44試合に出場し、打率2割7分9厘の3本塁打、11打点。ただ、日本野球に順応してきた8月以降は、打率3割1分5厘、3本塁打と成績を上げてきている。  特に左投手には高打率を残している。対左投手は32打数14安打の打率4割3分8厘。29日の阪神先発が左腕の高橋とあって、いきなり出番が訪れる可能性もある。  2軍では左翼に加え、右翼や三塁の守備にも就いている。右翼は平田が下肢のコンディション不良で離脱中。2試合連続で高卒4年目の石垣がスタメン出場しているが、シエラが右翼に入ることも十分考えられる。  シエラはこの日、ナゴヤ球場を訪れ、27日のウエスタン・リーグ阪神戦(ナゴヤ)で死球を受けた左手首付近の状態をチェック。その後、荷物をまとめ、トレーニングに訪れた同じドミニカ共和国出身のアルモンテとともに球場を後にした。「ランボー」という力強いニックネームを持つ助っ人が、遅まきながら1軍合流すると見られる。

【関連記事】