Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

千葉県まで行く「都営」新宿線 “越境”した理由 京王線方面とは別に目指した地とは

配信

乗りものニュース

地下鉄整備計画で「10号線」だった新宿線

 新宿駅を起点に東京都心をまっすぐ横切る都営新宿線。その終点の本八幡駅は千葉県市川市にあります。都営地下鉄、つまり東京都の経営する地下鉄であるにもかかわらず、終点が千葉県にあるというのは、いったいどういうことなのでしょうか。 【地図】新宿線との直通計画があった幻の千葉県営鉄道北千葉線  東京の地下鉄計画は、1925(大正14)年に立案された5路線の整備計画から始まりました。唯一、銀座線だけが戦前に建設され、戦後になって丸ノ内線、都営浅草線、日比谷線、東西線と整備が進みましたが、計画当時の想定以上に東京の人口が増加したために、この5路線だけでは輸送力が不足することは明らかでした。そこで1968(昭和43)年に新たな地下鉄計画として5路線が追加され、10号線までの計画に拡張されました。都営新宿線は、この時に追加された「10号線」を母体とする路線です。  1968(昭和43)年に計画された当時、10号線は新宿から住吉(江東区)までの路線でした。東京都はかねてから、新宿~馬喰町間に地下鉄を整備するよう求めていたため、この区間を含む10号線は都営地下鉄が建設を担当することになりました。東京都はあわせて10号線を、建設中だった多摩ニュータウンのアクセス路線とすべく、京王電鉄との協議を開始し、同社線との直通運転実施が決定します。

再開発地を通り東に延びる新宿線 千葉ニュータウンを目指す

 東京都はさらに計画を拡大していきます。当時、江東区の大島から江戸川区の小松川にかけての一帯は工業地域でしたが、環境問題などを背景として工場の郊外への移転が進み、再開発計画が進められていました。東京都は、工場跡地に整備を予定していた大島小松川公園の地下に地下鉄の車庫を建設すれば、用地買収のコストを抑えることができるとともに、再開発が進む周辺の需要にも応えられるとして、1969(昭和44)年に10号線の終点を、住吉から東大島まで延ばすことにしたのです。  ここに浮上してきたのが千葉ニュータウンの整備計画でした。1972(昭和47)年に新たに策定された地下鉄整備計画において、10号線をさらに東大島から本八幡まで延長し、千葉県が千葉ニュータウンと都心を結ぶ通勤アクセス路線として計画していた、千葉県営鉄道北千葉線と相互直通運転を行う方針が決定されました。  これを受けて東京都と千葉県が対応を協議し、新宿~本八幡間は都営地下鉄が、本八幡~千葉ニュータウン間は千葉県が建設することで合意しました。  都営地下鉄の「越境」を実現するためには、各方面との調整が必要でした。それまで都営地下鉄の事業区域は、東京都の条例で「特別区(23区)の存する区域」とされていましたが、本八幡まで建設するために「都及びその周辺の区域」へ改められました。

【関連記事】