Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<鬼滅の刃>今さら聞けない基本を解説 鬼、鬼殺隊、全集中の呼吸…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんのマンガが原作のアニメ「鬼滅の刃(きめつのやいば)」の劇場版「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」(外崎春雄監督)が10月16日に公開される。原作コミックスの累計発行部数が1億部を超えるなど社会現象にもなってはいるが、まだ見たことがない、どんな話なのか?難しいのでは?などという声もある。今さら聞けない「鬼滅の刃」の基本を解説する。 【写真特集】今さら聞けない「鬼滅の刃」 名場面で振り返る 柱、鬼とは…

 ◇敵の鬼とは?

 「鬼滅の刃」は、原作が2016~20年に「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載され、テレビアニメが2019年4~9月に放送された。舞台は大正時代で、家族を鬼に殺された竈門炭治郎(かまど・たんじろう)が、鬼に変異した妹・禰豆子(ねずこ)を元に戻すために旅立つことになる。炭治郎は、禰豆子を人間に戻すために鬼を狩る組織・鬼殺隊に入る。旅の道中で、鬼殺隊になるための試験・最終選別を共に受けた同期の我妻善逸(あがつま・ぜんいつ)、嘴平伊之助(はしびら・いのすけ)と出会い、共に鬼と戦う中で徐々に仲間としての絆を深める。

 そもそも鬼とはどんな存在なのだろうか? 鬼の主食は人間で、身体能力が高く、傷を負ってもたちどころに治る。鬼の強さは、食った人間の数で決まり、血鬼術と呼ばれる特殊な術を使う異能の鬼もいる。太陽の光を浴びさせるか、特別な鋼で作られた刀・日輪刀で首を切り落とさないと殺すことができない。

 多くの鬼は元々は人間であり、人間だった頃に親に殺されそうになった者もいれば、自身の夢をうち砕かれた者もいる。「鬼滅の刃」では、鬼の悲しい過去も描かれる。炭治郎にとって鬼は仇(かたき)ではあるが、倒した鬼が消滅する際には鬼の過去を感じ取り、慈愛を持って最期を見送る。炭治郎の優しさが垣間見られる場面でもある。

 ◇“ラスボス”は?

 なぜ鬼が生まれたのだろうか? 炭治郎たちが倒そうとしている鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)を説明しなければいけない。1000年以上前に一番始めに鬼になった男で、唯一人間を鬼に変える血を持つ。炭治郎の家族を殺し、禰豆子を鬼に変異させた宿敵でもある。炭治郎は、鬼殺隊の任務で訪れた浅草で鬼舞辻無惨に遭遇している。謎が多く、不気味な存在の“ラスボス”だ。

【関連記事】