Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<新型コロナ>小中学校の再開、加須・戸田・本庄・ふじみ野で6月から 秩父は学童開室、夏休み短縮

配信

埼玉新聞

 秩父市は27日、市内の小中学校を6月1日から再開させると発表した。  市によると、通常は休業日だった7月20日の「伝統文化に親しむ日」は授業を行い、8月3~5日は半日授業となる。新型コロナウイルス対策で、プールの授業は実施しない。夏季休業期間は17日間短縮し、8月6~23日とした。  学校給食は6月1日から7月31日まで通常通りに提供し、8月3~5日はパンと牛乳を提供する。部活動は当面の間実施しない。学童保育室は開室するが、土曜は休室し、交流目的のふれあい学校は当面の間休校する。 ■加須市  加須市は27日、臨時休校中の小中学校を6月1日から段階的に再開すると発表した。6月1日から5日までを分散登校とし、8日から平常授業にするとともに給食を開始する。  分散登校は、小学校が毎日登校、半日授業。通学班ごとに分散登校する。午前と午後の2グループに分かれ、3時間ずつ授業を行う。中学生も毎日登校、半日授業。学年ごとに分散登校する。午前と午後の2グループに分かれ、3時間ずつ授業を行う。

 また、幼稚園は6月1日から5日まで半日保育で、8日から通常保育になり、給食を開始する。保育所(園)は6月1日から通常保育を開始する。 ■戸田市  戸田市は、3月から休校している市内小中学校について6月1日から分散登校を実施し、同15日から通常の授業を再開する予定。入学式は中学校が同1日、小学校は同2日にそれぞれ実施。11月15日に開催を予定していた戸田マラソンは中止する。  また、今年4月時点で保育所の待機児童数ゼロを達成した、と発表した。国の新基準でマイナス認定できる「隠れ待機」は71人という。  同市の待機児童数は2016年4月に県内ワースト1位を記録。同6月に待機児童対策本部を設置し、同10月には民間事業者に対し建設費用のほぼ全額が国県と市の補助で賄える「待機児童対策アクションプラン」を策定。17年から20年までに13園1100人分の新たな受け入れ枠の拡大を実現した。 ■本庄市

【関連記事】