Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

中洲の老舗が「うなぎ供養祭」 100匹放流

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
西日本新聞

 かば焼きにされるウナギに感謝する「うなぎ供養祭」が2日、福岡市博多区中洲の老舗「吉塚うなぎ屋」であり、店前の博多川にウナギ約100匹を放流した。  供養祭には従業員など約50人が参列。ウナギを弔う読経の中、一人一人が焼香して手を合わせた。同店では、夏の土用の丑(うし)の日に約3千匹を調理している。  昨年と一昨年は稚魚のシラスウナギの不漁が続き、今年の仕入れ値は5年ほど前の約2・5倍で過去最高値という。同店の徳安さやか社長(38)は「命を頂いていることに感謝しながら、これからもおいしいウナギを変わらずにお届けしたい」と話した。 (手嶋秀剛)

【関連記事】