Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レッドブル・ホンダ、あふれ出す自信。 代表は「楽しみにしてろ」と意味深発言

配信

webスポルティーバ

まもなく始まる2020年シーズンに向けて、ホンダの山本雅史マネージングディレクターは今から2週間前にイギリスへと飛んだ。ここでイギリス政府の義務づける自己隔離生活を過ごし、PCR検査を受けたうえで、レッドブルのチームメンバーたちとともに開幕戦の地オーストリアへと向かうためだ。 【動画】サーキットを彩ったF1美女たち一挙公開!  ようやく解放された山本マネージングディレクターは、今もロックダウンが続くイギリスの状況に驚いたと語る。 「イギリスに来て2週間が経って、ようやく自己隔離期間も終わったので街に出て1時間くらい歩いてみました。『どのくらい人がいるんだろう?』と思ってキャンベル・パークという公園に行ってみたんですけど、全然人がいない。  大きなショッピングモールもスーパーだけ営業していて、(入場制限をしているため)2メートルおきに並んで長蛇の列になっているけど、それ以外のお店はほとんど開いていません。8割は閉まっていて、開いているのは日用品を扱うお店くらい。  基本的に自粛。本当に人が少なくて、いつものミルトンキーンズとは全然違いますね」

ホンダの活動前線基地であるミルトンキーンズの「HRD UK」も、FIA(国際自動車連盟)が義務づけたシャットダウン期間を経た今も一部のスタッフをのぞき、テレワークの状況が続いている。 「僕はまだHRD UKには行っていませんけど、社内でも2メートルのソーシャルディスタンスを取る必要があります。よって今は、ESS(バッテリーパック)などの設計に関わるスタッフや、シーズン開幕に向けてファクトリーでの準備作業が必要なスタッフだけが出社です。  自宅でテレワークができる社員にはそうしてもらって、社内にはほとんど人がいないと聞いています。出社しているのは2、3割といったところだと思います」  FIAとFOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント)はA4サイズで90ページに及ぶ"プロトコル"を用意し、レース期間中のF1開催に関わるすべての人員に義務づける行動規約を定めた。全員がこれに沿って行動し、サーキット内の設備も新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために整備されている。  豪華なモーターホームは持ち込まれず、パドックでも他チームとの接触は禁止。スタッフ数は1チーム80人(うちマシン運営は60人)に制限され、メディアも含めてそれ以外はパドックへの入場もできない。

【関連記事】