Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

情報との接し方、自粛警察、感染者の特定…古今東西のゾンビ映画に学ぶ“withコロナ”

配信

ABEMA TIMES

 新型コロナウイルスによるパンデミックが続く中、「ゾンビ映画」が私たちにヒントを与えてくれるという。 【映像】ゾンビ映画に学ぶ!?感染症対策のヒント 過去の名作に溢れる“先人の知恵“  26日の『ABEMA Prime』では、古今東西のゾンビ作品に精通、「ゾンビ学」を教える岡本健・近畿大学准教授と、ゾンビメイクなどを教えている福田安佐子・国際ファッション専門職大学助教に話を聞いた。

 岡本氏によると、ゾンビ映画が始まったのは、1932年に遡るのだという。「最初に登場した映画だといわれているのが、『ホワイト・ゾンビ 恐怖城』(1932)だ。ただ、この作品では感染したり、ソンビが人を食べたりはしない」。そして、ゾンビが人を襲い、感染が広がっていくというモチーフは、“ゾンビ映画の父”と呼ばれるジョージ・A・ロメロ監督が確立させる。さらに2002年以降は、ダッシュして襲ってくるゾンビが登場。感染スピードも速さを増しているという。  また、日本発の『バイオハザード』シリーズは映画化され世界中で大ヒット。交通事故で死んだ少女がゾンビとして蘇り、佐賀県のご当地アイドルとして活躍するアニメ『ゾンビランドサガ』という作品もある。「ゾンビもののいいところの一つが、“お金がかからない”というところ。大阪のUSJで『ハロウィーン・ホラー・ナイト』というゾンビに扮したキャストが出てくるイベントが始まったのも、経営危機の時にお金をかけずに新しいイベントをやろうと考えたのが始まりだ」(岡本氏)。  「あらゆるモンスターの中で最も生と死、人間と動物、といった境界線の問題を突き付けてくるのがソンビだ、後進がさらなる解釈を加え、新しいゾンビ像を作っているので、今までジャンルとして生き延びているのだと思う」(福田氏)。  岡本氏は、これまでのゾンビ映画が描いてきた数々のシチュエーションの中から、なぜパニックが起き、何をすれば失敗するのかといったパターンを読み解くことで、コロナ対策にも応用できることがあるはずだと指摘する。「数多くの作品が作られてきたということは、ゾンビが現れたときに人がどのような行動を取る可能性があるのか、そのシミュレーションを続けているようなものだともいえる。特に最近の映画の設定を見ると、ウイルス感染が非常に多く、それをいかに止めるかが描かれている」。

【関連記事】