Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

難病ALS公表の佐伯チズが最後に伝えたい言葉とは?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FASHION BOX

美容家・佐伯チズさんの著書、TJ MOOK『夢は薬 諦めは毒』が7月9日(木)に発売されます。難病ALSと闘いながら活動を続ける佐伯チズさんが、最後に届けたいメッセージとは?

難病ALS闘病中の佐伯チズがこの世に残したい言葉とは?

2020年3月、ALS(筋萎縮性側索硬化症)にかかっていることを公表した佐伯チズさん。闘病中でありながら、佐伯さんは今もなお意欲的に活動を続けています。 そんな佐伯さんが、最後に伝えたいメッセージを33の言葉とともに綴り、一冊の本にまとめました。それが7月に発売されるTJ MOOK『夢は薬 諦めは毒』です。 今回は、同書に掲載されている佐伯チズさんの言葉の一部をピックアップしてご紹介します。

「私にはまた夢が一つ増えました」(佐伯チズ)

「私にはまた夢が一つ増えました。それは、このALSという病気を世間の皆さまにもっと知ってもらうこと。最新の医療技術をもってしても、進行を遅らせるしか術がないこの病気を、たくさんの方に知ってもらうことでALSの治癒、寛解という希望の光がこの先の未来に差すことを祈っています」 「幸せになりたい人、キレイな肌を手に入れたい人……いろんな願いが人の数だけあります。私自身、強く願うこと、夢を追いかけ続けることで、目標や夢を現実にしてきました。 そんな私から、皆さんに届ける最後の一冊になれば嬉しいです」 (TJ MOOK『夢は薬 諦めは毒』~はじめに~より)

佐伯チズのメッセージ その1. 「皮脳同根(ひのうどうこん)」

皮膚は第3の脳といわれているのをご存じですか? 私は、この「皮脳同根」という言葉をとても大切にしていますし、皆さんにもお伝えし続けてきました。皮膚と脳は根っこでつながっているから、想いは肌に通じるという意味です。 もう一つ、私が感じているのが「皮膚と腸は一体である」ということ。腸は第2の脳といわれていますし、腸の状態は肌にも密接に関係しています。便秘などになると肌荒れで悩むという経験、誰にでもありますよね。 化粧品よりもまずは体の中から。私がそう伝え続ける理由がここにあります。

【関連記事】