Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

前田健太移籍を「第二の大田」生むヒントに! トレード=戦力外の日本とMLBの意識格差

配信

REAL SPORTS

今オフ、前田健太がミネソタ・ツインズへとトレード移籍した。2月26日には自身のYouTubeチャンネルで、今回のトレードの背景に先発への強いこだわりがあったことを明かしている。 日本野球界ではトレード要員というと「戦力外」に等しい扱われ方をすることが多くある。だがMLBにおいては真逆の考え方をしているといってもいい。今回は前田健太のトレードを紐解きながら、日米のトレードに対する意識の違いについて考察したい。 (文=花田雪)

前田健太がドジャースでリリーフ起用が多かった理由とは?

2016年の渡米後、ロサンゼルス・ドジャースでの4年間で通算47勝35敗、防御率3.87という数字を残した前田健太5年目の今季、ミネソタ・ツインズのユニフォームに袖を通して開幕を迎えることになる。 キャンプイン目前の2月10日、ドジャースとツインズの間でトレードが成立。当初はこの2球団にボストン・レッドソックス、ロサンゼルス・エンゼルスを加えた4球団間でのトレードが報道されたが、交換要員の一人だったブラスダー・グラテロル(当時ツインズ)のメディカルチェックで問題が発覚。仕切り直しの末、2球団間のトレードに落ち着いた形となった(ドジャースは当初のトレード相手だったレッドソックスからも2人の選手を獲得している)。 このニュースは日本のファンに驚きを与えた一方で、日米のメディアからは比較的「好意的」に報道されている。 理由は、前田のドジャース時代の「起用法」にある。 広島東洋カープからポスティングシステムを利用してドジャースに移籍した前田だが、事前のメディカルチェックで肘など健康面に懸念が発見されて契約が難航。最終的に基本年俸を300万ドルに抑え、巨額の出来高を盛り込む「異例」の8年契約を結ぶことになった。 メジャー移籍後の4年間の活躍を見れば、当初の「懸念」は現段階では「杞憂」に終わっているといえる。大きな故障離脱もなく、毎年チームに貢献し続けた前田の契約条件はメジャーリーグでも「破格」とされ、チーム内での評価も高かった。 しかし、である。その「破格」の契約内容が、前田の起用法に大きな影を落としたのは間違いない。 メジャー1年目こそ32試合すべてに先発登板して16勝、175回2/3を投げたが、2年目以降はシーズン中にリリーフに配置転換されるケースが目立つようになった。 以下は年度別の前田健太の先発登板数とリリーフ登板数の内訳になる。 2016年 先発32試合 リリーフ0試合 2017年 先発25試合 リリーフ4試合 2018年 先発20試合 リリーフ19試合 2019年 先発26試合 リリーフ11試合 こういった起用法は、メジャーリーグの「一流先発投手」ではまず考えられない。

【関連記事】