Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「うちの子、診てもらえる?」子猫をくわえて救急救命室を訪れた母猫に思わずほっこり

配信

FINDERS

新型コロナウイルスの影響によって、世界中の医療機関が大きな負担を強いられている。 そんな中、トルコの救急救命室に思わぬ珍客が訪れ、人々を和ませた。

病院の廊下に現れた猫の親子

新型コロナウイルスに罹患した父親の検査のため、メルヴェ・エズカンさんは、イスタンブールのカヌニ・スルタン・スレイマン病院を訪れていた。父親の病状が心配で、強い緊張状態にあった。 そんなエズカンさんの前に、子猫をくわえた母猫が病院の廊下を歩いて現れた。思いもよらぬ来客に、エズカンさんの緊張が一気に解けていったという。 「母猫は私よりも病院のことをよく知っているように見えたので、驚きました」と、エズカンさんは『The dodo』の取材に振り返る。母猫はこの病院になれた様子だったという。 病院のスタッフは猫の親子を明るく迎え入れ、休憩の間一緒に遊び、簡単な検査などを行ったという。幸い親子ともに健康に異常は無く、ミルクなどを求めて病院まで来ていたようだ。その後、念の為に親子は獣医へと連れて行かれたとのこと。 エズカンさんによると、この母猫のことを知っていた病院のスタッフもいたとのこと。母猫は以前にもこの病院を訪れていたことがあったようだ。 エズカンさんは4月27日、この時の様子を自身のTwitterに投稿。8万8000件以上の「いいね!」を獲得し、大きな反響を呼んだ。

新型コロナで餌にありつけない野良猫たち

トルコでは元々野良猫がとても多く、どこの町にいっても見かけることができるという。彼らは町の一員として人々と共存しており、地域社会が野良猫に対して餌付けを行うのはごく当たり前のことだ。 しかし、新型コロナウイルスの影響によって町の飲食点などが休業となり、野良猫たちが十分な餌にありつけない状況が続いているという。心配した人々が餌付けのために外に出てこないよう、トルコ政府は地方自治体に対して、野良猫たちへの餌付けを行うよう促しているようだ。 人間の社会が機能しなくなれば、共存する動物達にも影響が及ぶ。一刻も早く、人も動物もいつも通り過ごせる状態へと戻ることを願うばかりだ。

赤井大祐

【関連記事】

最終更新:
FINDERS