Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リーボックのクラシックモデルが持つクリーンなイメージが好き

配信

WEBUOMO

コロナ禍を乗り越えたら、大好きなスニーカーで出かけたい! その時、おしゃれな大人が選ぶ一足とは? 今年デビューした新レーベル「シップス エニィ スタンダード」も話題のシップス プレス目黒龍太さん。

目黒龍太さん(シップス プレス) 「リーボックのワークアウトやクラブ シー、ナイキのダンクやバンダル、アディダスのサンバやロッドレーバーなど、クラシカルでシンプルなスニーカーばかり買っています。その中でもリーボックのクラシックモデルが持つクリーンなイメージが本当に好きです。ワークアウトは87年に発売されたクロストレーニング用シューズ。このワークアウト プラス エムユーは、シップスのエクスクルーシブカラーです。ホワイト×ネイビーの爽やかなアッパーと、クリーム色のレトロ感のあるソール。絶妙なバランスが個人的にも響きました」

「ファッションも最近はベーシック回帰。ボタンダウンシャツ、クルーネックスウェット、リーバイス(R)501(R)や505、ミリタリーチノ……派手な色や柄、強いデザインはあまり気分ではありません。今日着ているのはシオタ フォー スタディ シップスのボタンダウンシャツにシップスのネイビーチノ。どちらも一見なんてことないけど佇まいや着心地が抜群で、今シーズンよく着ています。サックスブルーやネイビーの洋服にはこのワークアウトがぴったり。毎年この時期はデイイベントに参加するのが楽しみ。早く屋外で音楽を聴きながら、友人とお酒を飲んだりできるようになってほしいですね」

Text:Hisami Kotakemori

【関連記事】

最終更新:
WEBUOMO