Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“親台派”の岸信夫防衛相就任で日米台が連携強化?…迫る重要会議「五中全会」で習近平政権の出方は

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

 厚生長官の訪問や1979年以来最高位となる国務省高官による訪問など、アメリカの台湾“急接近”が、中国を刺激している。 【映像】中国がネットに公開したプロモーションビデオ  危機感を高める中国は今月6日以降、断続的に戦闘機「スホイ30」「殲10」が台湾の防空識別圏に侵入するなど、圧力を強化。さらに、「もし、きょう開戦したら」という物騒なテロップ入りのプロモーションビデオをネットに公開している。

 講談社特別編集委員でジャーナリストの近藤大介氏は「アメリカは中国の反応を試しつつ、一歩一歩やっていく“サラミ戦術”を取っている」と指摘、中国の反応について「コロナが収束に向かい、行楽シーズンに入る中、台湾といつ戦争が起きるか分からないぞ、というのを国民、特に若者に見せつけようということだと思う。もう一つは、来月に開かれる重要会議・五中全会だ。習近平主席が長期政権を続けられるか、それとも2年後に下りなければならないかが、ここでほぼ決まると言っていい。改めては香港だけでなく、毛沢東が果たせなかった台湾統一も成し遂げるんだ、人民解放軍と一緒にやっていくんだという姿勢を見せようという意志の現れだと思う」と話す。  「今の中国の社会システムは、“社会主義市場経済”だ。社会主義を信奉していたのは毛沢東で、市場経済はトウ小平だったが、習近平さんは毛沢東型。あくまでも政治=社会主義が優先で、その後に経済=市場経済が付いてくるというイメージだ。それで“戦狼外交”を行うので、敵も増えてしまう。経済的には、ものすごくマイナスだ。それでも共産党政権を守り抜くことを重視している」。

 そんな中、菅内閣で防衛大臣に抜擢されたのが、安倍前総理の実弟・岸信夫衆院議員だ。元産経新聞政治部長で政治ジャーナリストの石橋文登氏は「芯が強く、人柄は穏やか。敵がいない。防衛のことも熟知しており、台湾に関しては日本で一番太いパイプを持っている。安倍前総理とは仲が良いが、“身内びいき批判”を気にして入閣させられなかった。順調にステップアップすれば、将来の総理候補」と話す。  石橋氏が指摘する通り、蒋介石元総統と緊密な関係にあった祖父・岸信介元総理からの“親台路線”を引き継ぐ岸防衛相は「日華議員懇談会幹事長」「日台経済文化交流を促進する議員の会会長」などを務めており、台湾と対立の様相を深める中国にとっては警戒すべき人物だ。実際、大臣就任直前の9日には台湾民主化の父・李登輝元総統の弔問にも訪れている。

【関連記事】