Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東大王の水上「最後に1個だけわがままを」クイズ王・伊沢と直接対決で有終 卒業して研修医に「長いようで短い3年間だった」

配信

中日スポーツ

 18日に放送されたTBS系クイズバラエティ番組「東大王」(水曜夜7時)で、東大王チームの主将・水上颯が番組を卒業。最後にクイズ王・伊沢拓司との直接対決が実現し、有終の美を飾った。  この日は『水上卒業3時間SP完結編』で、水上は研修医となることを報告。東大王チームのメンバー6人と1対1の早押しクイズ対決した。主将の背中に憧れて強さを磨いてきた鈴木光らメンバーは涙ながらにボタンを押した。水上はひとりひとりにアドバイスを贈り「長いようで短い3年間だった。東大王チームはますます強くなる」と、次の主将に鶴崎修功を指名した。  卒業あいさつのラストに水上は「最後に1個だけ、わがまま言っていいですか」。クイズの道を究めるきっかけとなった伊沢との対決を要望。伊沢は「長い付き合い。僕たちのコミュニケーションがクイズだった」と、待ってましたとばかりに受けて立った。超難問の漢字クイズは伊沢が瞬速でボタンを押し、感情を昂らせて答えを絞り出したが、不正解に。水上は落ち着いて正解を述べた。  視聴者からは「寂しいな」「ラストの対決に感動した」「東大医学部のプリンスが見れなくなるのは悲しいけど、卒業おめでとう」との声が上がった。

【関連記事】