Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

田村淳がMCの“お笑い勝ち抜きマッチ”に3時のヒロイン、四千頭身らが登場「“スペシャル審査員”にも注目」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

自宅の一般視聴者が審査員となる、“お笑い勝ち抜きマッチ”番組「笑撃!SOKUNETA バトル」(昼4:00-5:25、フジテレビ※関東ローカル)が7月5日(日)に放送される。 【写真を見る】画面を見詰めて驚いた様子の3時のヒロイン 同番組のMCは田村淳が務め、エミリン、蛙亭、くっきー!、3時のヒロイン、ジェラードン、トム・ブラウン、ハリウッドザコシショウ、プラス・マイナス、マヂカルラブリー、四千頭身らが出演する。 笑わせる相手はスタジオの観客ではなく、それぞれの自宅とリモートでつながっている全国の49人の視聴者で、挑戦する芸人はあらかじめ収録したショートネタVTR(30秒×4本、5秒×1本)を用意。49人の中からルーレットで選ばれた一人を笑わせるが、本人は選ばれたことを知らされない。 その人物を見て、芸人はどんなネタが好みなのかを予想し、勝負するネタVTRをチョイス。自宅でリラックスしている相手をリアルに笑わせることができるのかに挑戦する。 笑ったら2人目、3人目の挑戦へ、笑わなかったらその場でチャレンジが終了となる。 ■ 3時のヒロイン「20代の女性が当たればいいな~」 3時のヒロインは「20代の女性が当たればいいな~」と自分たちを好きそうな人を希望するが、年配の女性が選ばれ、“朝ドラ”ネタをぶつける。 また、YouTuberとして活動しているエミリンが「他の芸人さんから下に見られている!」と敵対心を見せる一方、四千頭身はリモート先のファンと楽しいやりとりを見せる場面も。 さらに、ハリウッドザコシショウは、自身で編集した独特の世界観あふれるVTRを連発。マジカルラブリーは、他の芸人たちのチャレンジを見て「このくらいの笑いでいいのか? 自分たちのネタで爆笑させるぞ」と挑戦的な発言をし、スタジオやリモート先の視聴者を沸かせ、くっきー!はいきなり渾身(こんしん)の5秒ネタを披露する。 そして、4人を笑わせた芸人はファイナルステージへ進出。するとそこで待ち構えるのは、一般の視聴者ではなく笑いのツボが全くつかめないスポーツ選手だ。芸人たちが“最後の難関”に挑む。 ■ 田村淳のコメント ――収録の感想は? 収録前にそこそこ持っていた期待感を、何度か超えていくという体感ができました。ショートネタって、ググッと力を入れて見る感じではないですよね。だから、気軽に見ていたのに、今回はすごくツボに入れられましたよ。 ネタ番組とは違う、全く新しい感覚のネタ番組が始まったな、と。スタジオにはお客さんもいなくて、この時代だからこそ生まれた新しいお笑いの見せ方ですね。 ――お客さんがリモートで参加したことについてはいかがですか? 家で見てそのまま収録に参加しているので、観覧で来ているお客さんとは全然違います。スタジオの雰囲気にのまれることもなく、リラックスしているし。それぞれの家の様子から人となりが見えたのも面白かったですね。 収録中にラーメン食べながら見ている人や、ゲームやっている人もいて、今までだったら考えられなかった! 本当にリアルでいいな、と思いました(笑)。 ――印象に残った芸人さんはいますか? 僕はマヂカルラブリーが好きなのですが、この放送を見て、彼らの“やり口”を皆さんがどう思ったのか知りたいですね(笑)。どうして、そんな損するようなことしたのかな?と。でも面白かったんですけどね。 ――視聴者にメッセージをお願いします。 自分もリモートで参加している気持ちで、芸人さんたちが短く作ってきたネタをリラックスして楽しんでください。あと“スペシャル審査員”にも注目ですよ。本当に不思議な怪物ですから(笑)。(ザテレビジョン)

【関連記事】