Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「マッチのマーチ」に「ワンダーシビック」、「かっとびスターレット」など、いま乗って自慢したい懐かしのクルマ4選

配信

MOTA

はっと目を見張るような流麗なフォルムのスポーツカー。屈強なボディでどこにでも行けそうなSUV。それともオシャレで可愛らしいコンパクトなモデル。最新モデルから懐かしの名車まで。燃費や車格、維持費など現実問題は一旦置いておいて、誰しも1度は自分の憧れのクルマを思い描いたことでしょう。そしてそれを自慢したいなんてことも…。 ■初代マーチ、2代目シャレード、ワンダーシビック、EP71型スターレットを画像でチェック(45枚)

今回はそんな、一度はこんなクルマに乗って自慢してみたいクルマ4選をお届けします。あなたの好きなクルマは何ですか? 昔から憧れていた1台はありますか?

▼前回の「あの頃憧れた車種4選」は関連記事をチェック

日産 マーチ K10系(1982年-1992年)

1982年、マッチの愛称で知られる近藤真彦さんがイメージキャラクターに起用され「マッチのマーチ」のキャッチコピーでデビューした初代マーチ(K10型)。 扱いやすいコンパクトサイズ、大人4人が快適に乗車できる居住性、合理的なパッケージングが特徴で、基本デザインはカーデザインの巨匠ジウジアーロ氏が手掛けました。登場後は、ライバルであるトヨタ スターレットとコンパクトカーの覇権争いを繰り広げ、日本のコンパクトカーを牽引しました。 さらに初代マーチは、多くの派生車を誕生させパイクカーブームの火付け役にもなりました。Be-1、パオ、フィガロ はいずれも「マッチのマーチ」である初代マーチから派生した車種。また、軽量でコンパクトな車体を活かし、レースのベース車両(主にラリー)として、さらに、ターボとスーパーチャージャーという2種類の過給機を搭載した「スーパーターボ」など、まさに変幻自在に姿を変え、およそ10年間販売されました。

ダイハツ シャレード G11系(1983年-1987年)

「5平米カー」のキャッチフレーズで大ヒット作となった初代モデルからパッケージングの改善により居住性が一段と向上した他、ディーゼル車やガソリンターボ車が追加されるなど、バリエーションの拡大が図られた2代目シャレード。1983年1月に登場しました。 スタイリングはストレート基調の端正な2ボックスで、標準ルーフのほか、背を35mm高くしたドルフィントップも設定。初代同様の5ドアハッチバックの他、3ドアハッチバック、同ボディを流用した3ドアバンが用意されました。 そしてなんと言っても2代目シャレード最大の特徴はそのパワーユニット。直列3気筒のガソリンエンジンのほか、世界最小のディーゼルエンジンが用意されました。共に直列3気筒SOHCで排気量は993cc。ディーゼルエンジンの方は最高出力38ps/最大トルク6.3kgmを発生し、「ロックン・ディーゼル」のキャッチフレーズで人気を博しました。

【関連記事】

最終更新:
MOTA