Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

速すぎないのが実は好印象!? ちょっぴりホットなコンパクトカー5選

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
くるまのニュース

ドライブすること自体が楽しくなる「ややホットハッチ」を振り返る

 1974年に、優れたパッケージングとデザインのコンパクトカー、フォルクスワーゲン初代「ゴルフ」が誕生し、1976年には、強力なエンジンと強化されたサスペンションの高性能モデル「ゴルフGTI」が欧州で発売され、元祖「ホットハッチ」として人気を博しました。 【画像】走りの良さも性能も良い!良いとこどりのコンパクトカーを見る(18枚)

 国内でも1980年代になると、ターボエンジンの普及によって、コンパクトカーでも高性能なモデルが次々と誕生し、若い世代から絶大な人気を誇りました。  その後も、ハイパワーな1.6リッターの自然吸気エンジンを搭載したモデルも登場するなど、コンパクトカーの高性能化が一気に進みます。  現在では、さらに高出力のホットハッチもありますが、一方で「やりすぎ」感がなく、ドライブすること自体が楽しくなる「ややホットハッチ」も存在。  そこで、少し前に登場した、ちょっとホットなコンパクトカーを5車種ピックアップして紹介します。

●ホンダ「フィット ハイブリッド RS」

 2001年にホンダ「ロゴ」の後継として登場したベーシックコンパクトカー「フィット」は、優れた走行性能と低燃費を両立し、シンプルで洗練されたスタイルと低価格を実現したことで大ヒットしました。  2007年にモデルチェンジされた2代目は、2010年のマイナーチェンジで88馬力の1.3リッター直列4気筒i-VTECエンジンに14馬力の軽量・小型なIMA(インテグレーテッド・モーター・アシスト)を組み合わせた「フィットハイブリッド」が登場。  さらに最高出力114馬力を誇る1.5リッター直列4気筒i-VTECエンジン+IMAを搭載した、「ハイブリッド RS」がラインナップされました。なお、ガソリン車にもRSは設定されています。  ハイブリッド RSはマイルドハイブリッドのため、6速MT車が選べたことも特徴で、ベース車の素性の良さを生かしながら、スタビライザーやダンパーなどが専用チューニングされたサスペンションと強化されたブレーキを採用。  車重も1140kg(6速MT車)/1160kg(CVT車)と、比較的軽量に抑えられていたことから、キビキビと走れるのはもちろん、JC08モード燃費は22.2km/L(CVT車)と良好です。  狙ったラインをトレースでき、運転の愉しさを味わえるハイブリッド・コンパクトハッチでした。

【関連記事】