Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「健常者が嫌いなんですか?」…聴覚障害者が考える「分断」の正体 無理解を乗り越える鍵は「語る力」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

「語り合うためには『自分が何者か』を深く知ることが必要なんじゃないだろうか」――。小学生の時に受けたいじめや、一般企業での就職経験などから、日本社会における障害者と健常者の分断を身をもって感じてきた聴覚障害者のくらげさんに、分断を超えるために必要なことについて綴ってもらいました。 【マンガ】「命がけで通訳してくれてんのや」会見での手話、マスクしない理由

「くらげさんは健常者が嫌いなんですか?」

「くらげさんは、健常者が嫌いなんですかね?」ととある人に聞かれたことがある。数年前のことだ。「どうしてそう思うんですか?」と聞き返したら、「くらげさんは『障害者』と『健常者』に分けて話すことが多いじゃないですか。しかも、そういうときは『健常者』は敵で加害を及ぼす存在として話しますよね」と説明された。その時、かつての私は「なるほど、私は健常者が嫌いなのか」とさらっと腹落ちした。そういうことを「どうしてこんなからだなの? 叫びたいのは前向きな言葉だけじゃない」というwithnewsの記事を読んで思い出した。 この記事には、こんなことが書かれていた。 【「障がいは個性だ」「このからだに生まれたのには理由がある」「失くしたものより残されたものを活かそう」まわりにあふれるそれっぽい言葉なんて、ごみ箱に捨てて。とにかく泣き叫び、怒りをぶちまけて。迷惑とか恰好なんて考えなくていいから。――「どうしてこんなからだなの? 叫びたいのは前向きな言葉だけじゃない」】 この記述を読み、「私も健常者から発せられるそれっぽい言葉が大嫌いだったな」ということを感じたからだ。 申し遅れたが、私は「くらげ」というペンネームで創作活動をしている先天性の聴覚障害と、ADHDのある障害者だ。 私の幼少期のことから、話を始めようと思う。

「異質なもの」として排除された子ども時代

子どもの世界はときに残酷で「異質なもの」を恐ろしいほど冷酷に排除しようとすることがある。 私もその排除の理論の中で激しくいじめられた。特に辛かったと覚えているのは「くらげに触られると耳が悪いバイキンが移るぞ!」と囃し立てられることだ。 その頃の「友だち」は本だけだったし、おかげで成績はそれほど悪くなかった。そして、同級生の名前も先生の名前も、そしてどんな声を聞いたかもほとんど覚えていない。ただただひたすら、「辛かった」「悔しかった」という思いだけが胸の奥に重いしこりとして横たわっている。 中学1年までは半ば不登校になりつつ普通学校に在籍していたけど、中学2年のときに色々と耐えかねて聾学校に「転校」という名の「逃避」をして、聴覚障害者の世界に逃げ込んだ。 それから10年間、就職して社会に出るまで「聴覚障害者の世界」で過ごしていた。この10年間は、今から思えば伸び伸びと青春ができていて、友達もできれば、初恋もした。部活に精を出したこともあれば、勉強の成績がふるわず怒られたりもした。 その世界で主に使われた言葉は手話であったし(その相手は聴覚障害者か、もしくは聾学校の先生という限られた世界であったのだけども)、「聴覚障害者の世界」は間違いなく、私の「あるべきところ」であったという思い出が残っている。 この世界でいじめや差別がなかったわけではないのだけど、少なくとも「手話」というものを通して「平等」に話すことができた。それに、私のことを「病原体」とみなす人はいなかった。それだけで幸せだった。

【関連記事】