Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

誕生25周年を迎えたG-SHOCKの6900系。その最新人気ベスト3がこちら!

配信

ウオッチライフニュース

 G-SHOCKの人気を支えてきた理由のひとつは多様なモデルバリエーションだが、やはり長年の定番モデルには安心感があり、いまでも根強い支持を集めている。いわゆる“オリジン”と呼ばれる5000/5600系とともに、定番モデルとして双璧を成すのが6900系だ。丸いケースと横一直線に並んだ3個のインダイアルが特徴的なこのモデルは、その風貌から“三つ目”の愛称でよく知られる。  6900系の誕生は1995年で、G-SHOCKとしては後発のラインだ。そしてその人気はアメリカから火がついた。  当時のアメリカ市場では、スクエアケースの5000/5600系では小さすぎてボリュームに欠けると受け止められていて、腕っぷしのいいアメリカ人にはもっと大振りなラウンドケースのモデルの方が人気は高かった。  そこに登場した初代6900系のDW-6900-1V(海外のみ)は、アメリカ人好みのボリュームのあるサイズに加え、インダイアルのスポーティブな雰囲気が注目を集め、さらに価格もこなれていたこともあって爆発的な人気を得ることとなった。  折からの渋カジ・アメカジブームもあって、日本では逆輸入のような形で注目されるようになり、徐々に定番ラインとして定着していくこととなる。

 6900系の特徴は、アイコニックな3個のインダイアルをもちつつも、ケースはシンプルなラウンドを採用しているため、デザイン的にアクが少ないという点にある。そのためカラーリングや素材違いなどのバリエーションが展開しやすく、様々なファッションブランドやアスリートとのコラボモデルのベース機として使われることも多い。  2020年は誕生してから25周年のアニバーサリーイヤーだが、現行モデルも初期モデルと基本的なフォルムはほとんど変わっておらず、デザインの完成度は当初から高かった。ベゼルの凹凸でアクセントを付けているものの、ダイヤルは3個のインダイアルがメインの表示を邪魔することもなく、シンプルで視認性はかなり良い。  近年はタフソーラーやメタルベゼルなどの高機能モデルが増えているが、それらも比較的リーズナブルな価格に抑えられており、そこも根強い人気を支えている要因だろう。  1本持っておくと何かと便利なモデルである6900系の最新人気モデルがこちらだ。

【関連記事】