Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『りぼん』異例の付録“婚姻届”狙いは読者開拓 結婚憧れる“女子あるある”共感

配信

オリコン

 ウエディング情報誌『ゼクシィ』とコラボを実施中の少女漫画誌『りぼん』(集英社)では、8月号の付録として婚姻届がついている。小・中学生がメイン読者の同誌でなぜ婚姻届?とまず疑問だが、ネット上でも「少女誌で婚姻届はヤバイw」「私が小学生の時にこれがあったら…多分好きな人の名前を鉛筆でうすーく書いて、すぐ消す笑」などとやはり話題になっている。そこでORICON NEWSは、『りぼん』連載作家と企画担当者らに付録の意図を聞いてみた。 【画像】ネット騒然の婚姻届!少女の妄想あふれる内容に ■『りぼん』結婚題材の漫画連載 大人は驚き、小・中学生読者は「抵抗感がない」  現在『りぼん』では、結婚をテーマにした人気漫画『初×婚』(ういこん)が連載中で、『りぼん』8月号では、『ゼクシィ』も含めたコラボレーション企画を展開。『ゼクシィ』監修の【『初×婚』オリジナル!ミニ婚姻届 SUPPORTED BY 『ゼクシィ』】を付録にした。  これは、作者・黒崎みのり氏の描き下ろしイラストを使ったデザインで、好きな相手や、理想の結婚式プラン、ドレスについて書き込めるオリジナルの“妄想”婚姻届(※実際の使用は不可)。結婚式のスタイルや、婚約指輪の種類、ブーケやケーキのデザインを選べる仕様で、各項目の選択肢は『ゼクシィ』編集部が監修した最新の結婚式情報が反映されている。なお、『りぼん』において“婚姻届”をテーマにした付録は、担当者によると「異例」だという。  婚姻届を付録にしたことにも驚きがあるが、そもそも小・中学生をメインターゲットにする同誌で“恋愛”より“結婚”をテーマにした作品を掲載したのはどのような意図からなのだろうか。  作品誕生のきっかけと今の小・中学生の恋愛観について黒崎氏は「読者層に対して『恋愛より先に結婚について考える』設定というのは、確かに唐突だと大人は思うかもしれませんが、読者のティーン世代は“結婚”のワードに意外と違和感や抵抗感がないと思います」と説明。  その理由は「好きな人ができて、付き合えたら、その人と結婚してずっと一緒にいたいな、と素直に思える世代なのではないでしょうか? みなさん経験があると思うのですが、好きな男の子の名字と自分の名前をあわせてみたり、自分の名字に男の子の名前をあわせてみたり、将来生まれてくるであろう子どもの名前を考えてみたり…」と“女子あるある”を挙げた。  そして今回、なぜ“婚姻届”を付録にしたのか? 企画担当者に聞くと「今回のコラボでは、『初×婚』と『ゼクシィ』の“結婚”という部分で共通項を持ち、高い認知度を持つ『ゼクシィ』さんとコラボさせていただくことで、作品の認知度をあげて、より多くの方に『初×婚』を読んでいただきたいと思ったからです」と経緯を説明。  「りぼん連載作品で、『結婚』がテーマとなると、びっくりされる方も多いかもしれませんが、読んでいただければ王道の少女漫画であることがわかってもらえると思います。実際、今回の企画をきっかけに作品を読んでくださった方が、『王道の少女漫画で、キュンキュンしました』とツイートしてくださっている方もいて、読者層の広がりを感じています」と作品の認知度アップとともに反響の大きさを感じていた。

【関連記事】