Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ドゥカティ ストリートファイターV4S公道試乗インプレ【カワサキZ H2と比較|前編】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

バーハンドルを装着したスポーツネイキッドの世界は、ドゥカティ ストリートファイターV4/Sの新登場でさらに過激化! いやぁマジでスゴい時代がやってきた…。ヤングマシンのテスター・丸山浩がこのカウルレス208psを、同じく200ps級スポーツネイキッド・カワサキZ H2と比較しながら徹底分析。前編はまずスペック比較から。 [関連写真×14枚]ドゥカティ ストリートファイターV4S公道試乗インプレ【カワサキZ H2と比較|前編】 【テスター:丸山浩】’90年代にはテイスト・オブ・フリーランス(現在のテイスト・オブ・ツクバ)の最高峰クラスにCB1000SF改で参戦して多数の優勝を飾り、”最強のネイキッド使い”としても有名に。ヤングマシンのメインテスターだ。

ドゥカティ ストリートファイター V4S

スーパースポーツのドゥカティ パニガーレV4をカウルレス&バーハンドル化したモデル。’20年のニューモデルで、日本では8月より販売が開始された。 〈写真2〉【’20 DUCATI SREETFIGHTER V4S】主要諸元 ■軸距1488 シート高845(各mm) 車重199kg(装備) ■水冷4ストロークV型4気筒DOHC4バルブ 1103cc 208hp/12750rpm 12.55kg-m/11500rpm 変速機6段 燃料タンク容量16L ■タイヤサイズF=120/70ZR17 R=200/60ZR17●価格:279万9000円 〈写真3〉6軸IMUを装備。トラクションコントロールやコーナリングABS、スライド、ウイリーやエンジンブレーキ等の電子制御機構を搭載する。 〈写真4〉左右2眼式のLEDプロジェクターヘッドライトに、V字状デイタイムランニングライトの組み合わせ。テールデザインはパニガーレV4から踏襲される。 〈写真5〉STDがショーワ製BPFを採用するのに対して、上級版のV4Sはセミアクティブタイプのオーリンズ製NIX30フォークを装備。 〈写真6〉V4Sはリヤサスも電子制御式。ショックユニットは、スタンダード仕様のザックス製からオーリンズ製のTTX36タイプに換装されている。 〈写真7〉パニガーレV4と同じく、明るくて高解像度な最新世代のフルカラー液晶ディスプレイを採用。ロードとトラックの表示モードがあり、GPSラップタイマーなどのオプションにも対応する。 〈写真8〉燃料タンクはパニガーレV4と共通で16L容量(パッドはオプション)。V4Sはステアリングダンパーもオーリンズ製の電子制御式だ。 〈写真9〉試乗車のシートは、オプションのローシート(3万3759円)に換装されており、モノポストテールエンドセット(5万7288円)を装備。 〈写真10〉【テスト車はオプション装着】試乗車は、公道走行対応のアクラポヴィッチ製チタンサイレンサーキット(87万6513円)や、カーボンファイバー製のカバーや各種プロテクション、前後マッドガードなど、合計118万9232円分のオプションパーツが装着された状態(2/3以上はマフラーの価格だが…)。車体は軽量化され、外観はさらに上質な雰囲気だ。

【関連記事】