Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「一生食わせてもらう」誓った私、料理に目覚めるまでをマンガに 家族に学んだ「誰かのためのご飯」の価値

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

「一生誰かに食わせてもらう」。かつてはそう思い定めていたのに、恋愛や結婚を経て、大の料理好きになってしまった――。そんな実体験を描いた漫画が、幅広い層の共感を集めています。信じられる家族を得たことで、「食事には人と人をつなげる重要な役割がある」と思えるようになったという作者。その言葉には、大切な誰かに対して優しくあるためのヒントが詰まっていました。(withnews編集部・神戸郁人) 【漫画全編】炊飯の仕方もわからなかった男性、なぜ料理好きに?「尊すぎる展開」と話題、頑張る父親の物語

母に料理促され「ムリすぎワロタww」

7月12日、「がんばれ私 きらきら道中 私が料理を始めた理由」と題された、10ページの漫画がツイートされました。 物語は、主人公の男性が、10代だった頃の場面から始まります。「一生誰かに食わしてもらって生きていこう」。彼は部屋で寝転びながら、一人静かに決意を固めます。 というのも、料理のメカニズムが全くわからなかったから。母親に「料理くらいしたら?」と促されても、「ちょwムリすぎワロタww」と、取り付く島もありません。自分の食すら賄えないのに、家族のご飯まで作るなんて……と、諦めムードに浸るばかりです。 しかしあるとき、父親の海外赴任が決まりました。母親と妹も同行することになり、突然の一人暮らしを余儀なくされてしまいます。お米の炊き方すら知らず、かろうじて用意できたのは、白米とカップ麺を組み合わせた「ラーメンライス」。不健康の極みです。 自分のためのご飯さえ、食べられればいい――。そんな思考をほどいたのが、彼女ができたことでした。料理ができず「一生食わしてもらう、それが私の願い」と豪語する姿に、男性は思わず「同族やん!!」。一方でモテたいばかりに「胃袋をつかむ」と決心するのです。 料理本を読み、彩り豊かなレシピについて学んだり、様々な調味料を買いそろえたり……。それまで想像もできなかったような努力を重ね、男性は台所に立ち続けます。「誰か(彼女)のためのご飯」。彼の中で、少しずつ料理の意味合いが変化していくのでした。

【関連記事】