Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

逃亡中のカルロス・ゴーン被告、コロナ禍に企てる「ハリウッド映画化」構想

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊女性PRIME

「日本よりも1000倍よい」  2019年12月、密出国で中東のレバノンへと逃亡した日産自動車の元会長、カルロス・ゴーン被告。今年7月、レバノンでの暮らしについて海外メディアの取材にそう語っていた。彼は今、逃亡先でどんな生活を送っているのか。 【写真】カルロス・ゴーンの“変装”保釈を企てた“宮崎駿似”弁護士 「逃亡後、自宅から車で1時間ほどの距離にある高級スキーリゾートを訪れたことが報じられ、自由を謳歌している様子です」(テレビ局記者)  妻と2人でホテルの最上階に住み、逃亡中とは思えない優雅な生活を楽しむゴーン被告。しかし、最近は自宅に引きこもりがちのようで……。 「レバノンでは新型コロナの感染拡大を受けて、たびたびロックダウンが行われています」  そう語るのは、現代イスラム研究センター理事長の宮田律氏だ。人口680万人の小国で、これまで4500人以上がコロナに感染した。  さらにレバノンは今、かつてないほどの経済危機に陥っているという。

武装勢力がゴーンを誘拐!?

「昨年10月から反政府運動が起きていて、政情も不安定です。電気も1日の大半が停電している状態。スーパーからはモノがなくなり、餓死する子どもも出かねません」(宮田氏)  貧富の格差も広がっており、一般市民の富裕層に対する不満は大きい。かつてゴーン被告はレバノンの切手の肖像にもなるほど尊敬されていた。しかし今や、不正な蓄財をして逃げてきた腐敗のシンボルと見なされている。 「お金に困った武装勢力が、身代金目的で誘拐を企てる可能性も否定できません」(前出・宮田氏)  襲撃を恐れ、ゴーン被告は母国でボディガードに囲まれて生活しているという。今後、日本に引き渡され、裁判にかけられることを恐れているのだろうか。

ゴーンは引き渡しされない

 逮捕後のゴーン被告へのインタビューなどをまとめた著書『「深層」カルロス・ゴーンとの対話』がある郷原信郎弁護士は、 「レバノンは崩壊でもしない限り、自国民であるゴーン被告を引き渡す可能性は低い」  と前置きしたうえで、 「最初に逮捕された事実に関してはグレッグ・ケリー被告(ゴーン被告とともに逮捕された元日産代表取締役)の裁判で明らかになるでしょう」  と、今後を見通す。 「この裁判でケリー被告は無罪を勝ち取ると思います。すると、最初にゴーン被告が逮捕された事実自体がデタラメだったことになると思います」(郷原弁護士)  ケリー被告は今年の9月15日に初公判を迎える。  壮絶な人生を送るゴーン被告だが、今年の11月と来年の3月にはフランスの出版社から著書が出版される。事件の真相や日産の経営について、フランス語や英語、日本語など多国語で発信する。 「それだけではありません。著書の次には、日本からの逃亡劇を描いたハリウッド映画を作る構想まであるようです」(前出・テレビ局記者)  レバノンで豪華な隠居生活を送るゴーン被告。書籍や映画を通じて、今後も世界に存在感を示そうと野心に燃えているようだ。

【関連記事】