Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナウイルス軽症者ら 県の宿泊施設で受け入れへ 三重県

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 三重県は、新型コロナウイルスの感染者のうち軽症者を、宿泊施設で受け入れを開始します。  軽症や症状がない新型コロナウイルスの感染者について、三重県は27日、鈴鹿市にある宿泊施設 「スポーツマンハウス鈴鹿」で5月1日から受け入れを始めると発表しました。  64室を確保し、医師と看護師が常駐して対応するということです。  三重県内で受け入れ可能な124の病床のうち、現在27床が使われていて、県では感染者の増加に備え宿泊施設をさらに増やしていくとしています。