Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「富裕層に今すぐ増税を!」と世界中のミリオネアたちが訴える…ディズニー創業者の孫など83人が署名

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

世界各国の富豪たちがつくった団体「ミリオネアズ・フォー・ヒューマニティー(Millionaires for Humanity)」が、ウェブサイト上に公開書簡を掲載。「各国政府は私たちのような(裕福な)人に課税してください。今すぐ、大幅に、そして恒久的に」と訴えた。 【写真】ビリオネアがいったい何人いるの!? お騒がせ一家、カーダシアン&ジェンナー家の資産をチェック 「新型コロナウイルスが世界中を襲うなか、私たちのようなミリオネア(資産100万ドル以上の大富豪 )には、世界を癒すために果たすべき重大な役割があります」 「私たちは、集中治療室で患者の処置にあたるわけではありません。救急車を運転して、患者を病院に搬送するわけではありません。食料品店の棚に商品を並べたり、顧客の玄関先まで食料品を届けるわけでもありません」 「ですが、私たちにはお金があります。たくさんのお金です。私たちの世界がこの危機立ち直ろうとするなかで、たったいま切実に必要とされ、今後も長期にわたって必要とされるお金です」 公開書簡は、富豪たちがどのような形で課税してほしいと考えているかについては触れていないものの、“慈善団体ではなく”政府が、この危機から立ち直るための努力をリードする必要があると明確に述べている。 「新型コロナウイルスによってもたらされた、または明らかにされた問題は、慈善団体がどれほど寛大であっても、解決できないものです。各国のリーダーたちは、私たちが必要とする資金を集め、それを公平に使うことに責任を負わなければなりません」 「地球上で最も裕福な人たち、私たちのような人に恒久的な増税を行うことによって、医療制度や学校、安全保障に適切な資金を提供することができます」

この公開書簡に署名した富豪は、これまでのところ83人。ウォルト・ディズニーの共同創業者であるウォルトの孫アビゲイルと、ロイ・Oの孫ティムのほか、アイスクリームブランド、ベン&ジェリーズの共同創業者ジェリー・グリーンフィールド、映画監督・脚本家のリチャード・カーティスなどが名前を並べている。 また、ウェブサイトはほかのミリオネアたちにも、書簡への署名を呼び掛けている。 そのほか書簡に書かれている内容は、次のとおり。 「この危機の影響は今後、何十年間にもわたって残るでしょう。貧困層に含まれる人が、5億人近く増える可能性があります。休業または廃業する企業が増え、職を失う人は数百万人に上る可能性があります。すでに、学校に通えなくなっている子供たちは10億人近くに達しており、そのうちの多くには、学習を継続するために必要なリソースへのアクセスがありません」 「言うまでもなく私たちは毎日、病院のベッドやマスク、人工呼吸器が不足しているのは、世界各国の公的医療制度に十分な投資が行われてこなかったからだということを、痛みを感じるとともに再認識させられています」 「……この世界的な闘いにおいて最前線で働く人たちから、私たちは非常に大きな恩を受けています。社会生活に不可欠な仕事に従事している人たちの大半は、その負担からみて、ひどく低い賃金で雇用されています」 「この闘いの先陣に立つ医療従事者の70%は女性です。彼女たちは毎日職場でウイルスに立ち向かい、家では無給の仕事の大半に責任を負っています」 「……私たちのお互いにつながり合っていることが、今ほど明確になったことはありません。手遅れになる前に、私たちは世界のバランスを取り直さなければなりません。この問題を正す、またとないチャンスです」 「世界の何千万もの人たちと異なり、私たちには仕事や家、家族支える力を失う心配がありません。この非常事態において、最前線で働いてもいません。犠牲者になる可能性も、ずっと低いのです」 「ですから、ぜひ私たちに課税してください……それが正しい選択です。それが唯一の選択肢です。私たちのお金よりも大切なのは、人間です」 富豪たちからのこの要請を受け、各国政府はどのように対応するのか、要注目。

Photos: GETTY IMAGES From TOWN&COUNTRY

【関連記事】